近畿大学 生物理工学部

HOME > 近畿大学生物理工学部オープンキャンパス

近畿大学生物理工学部オープンキャンパス


平成 25年 10月 6日(日)
生物理工学部オープンキャンパスは終了しました。
多数のご来場ありがとうございました。

 [ 印刷用 ] PDFファイルはこちら (A4サイズ・2ページ: 1.35 MB) 


2013.10.6 生物理工学部オープンキャンパス開催

オープンキャンパスガイド

大学入試に役立つ講演会

元河合塾の“ドイチュー”こと、土居一郎先生が特別講師として、受験の必勝法を伝授!!保護者の方もぜひご聴講ください。

必見 英単語250語と前置詞だけで
英語を不得意科目から脱出する方法

― 学校だけでなく、塾や予備校でも教えてくれません ―

ID教育研究所
土居 一郎氏
(元河合塾)

土居 一郎氏 Profile

現在、ID教育研究所代表。
長年、大手予備校「河合塾」で現役生や高卒生の進路指導を担当。
在籍中は校舎運営、近畿地区の大学のボーダーラインやランキング設定、教務課英語科にてテキスト作成に携わる。
また1998年12月〜2000年3月まで「ドイチューの受験は気合いだ!」というラジオ番組5局(南海放送、西日本放送、四国放送、高知放送、山口放送)ネットのメイン・パーソナリティを担当。現在は私立高校3校のアドバイザーをするとともに、高校・大学での講演会の講師として年50回以上の講演を行っている。

体験実習

●生物工学科/コメツブの中のタンパク質量を測る

日頃、食しているお米の中にはデンプンの他にタンパク質が含まれています。このタンパク質の量を 色素結合法という簡便な方法で測ってみましよう。[加藤 恒雄 教授]

●遺伝子工学科/DNAの電気泳動を用いた植物品種の特定

DNA鑑定といえば、犯罪捜査や親子鑑定に使われる方法だということは知っている方も多いと思 います。では、いったいどのように鑑定しているのでしょうか?実際にDNA鑑定を行ってみましょう。 [木 良介 助教]

●食品安全工学科/DNAをとって、さわって、作ってみよう。

DNAって、ずいぶん聞き慣れた言葉ですよね。「でも、DNAって、なに?」って、思っている方も多いはず。この際、DNAを身近な食品から取りだして、観察してみましょう。もし時間があれば…DNAの ミニ模型、作ってみます?[東 慶直 准教授]

●システム生命科学科/生物情報データベース入門

世界中の研究者が利用しているデータベースにインターネットを通じて実際にアクセスします。そ してタンパク質の立体構造を、仮想空間上でマウスを使用して自由に動かし観察してみましょう。 [持尾 隆士 教授]

●人間工学科/デジタルマネキンと一緒にカラダを動かしてみよう

画面の中のデジタルマネキン(人体モデル)とあなたの動きを一体化させて、身体の中の“力のかかり方”を調べます。このデータを用いた新しい“ものづくり”の世界を見てみよう。 [大政 光史 准教授、西垣 勉 准教授]

●医用工学科/生命維持管理装置って何? どうやって使うの?

臨床工学技士は、病院にある様々な医療機器の操作と点検・管理を行います。今回は、医療機器を実際に操作し、また実習用シミュレータを使って業務体験をしましよう。 [西手 芳明 講師]

研究実験室公開

●生物工学科/バイオ…サイエンスからテクノロジーへ

生物の機能を深く学んで産業や生活に生かす
[秋田求教授、大和勝幸准教授、藤澤雅夫准教授、岡南政宏講師、松川哲也講師]

●生物工学科/NMRでタンパク質をみる

生命をになう超複雑な分子ータンパク質ーを核磁気共鳴法でみる
[橘秀樹教授、米澤康滋教授※、櫻井一正講師※](※高圧力蛋白質研究センター)

●遺伝子工学科/クローン技術と顕微授精の世界

マイクロマニピュレーターで精子や卵子に触れてみよう![細井 美彦教授、 岸上 哲士准教授]

●食品安全工学科/太りゆく人類

やせホルモンが効かない!どうする?[白木琢磨准教授]

●食品安全工学科/研究成果をもとに新しい食品を開発中!

化学分析や動物実験を通して食品成分の新たな機能を探り、新しい食品の開発へと結びつける道のりを一緒にたどってみよう。[岸田邦博講師]

●システム生命科学科/人間の五感に迫るコンピュータ技術

不思議が一杯、音の世界![中迫昇教授]

●システム生命科学科/近赤外分光法による脳機能計測

活動する脳を見る![小濱剛准教授]

●人間工学科/未来の生活をサポートするロボット技術

いつもそばにロボットがいる世界へ! [中川秀夫准教授]

●人間工学科/運動と“ 声だし" の関係

“よいしょ"というと素早く立てる?運動におけるシャウト効果とは?[谷本道哉准教授]

●医用工学科/工学的センスによって発展してきた生体セラミクスの医療応用研究

独り立ちしたアパタイトと再生医療[楠 正暢教授]

●医用工学科/Lab on a Chip〜 手のひらの上の実験室〜

シリコーン樹脂で作る、透明な微小環境[加藤暢宏准教授]

模擬講義

●生物工学科/グリーンケミストリー:植物代謝産物の世界

植物は、光のエネルギーを使って複雑で多様な構造・機能をもつ化学物質を作り出します。こ れらの中には医薬品や健康食品、さらには燃料や、生命の仕組みを理解するのに役に立つ物 質などが含まれており、植物は、いわば、多様な化学物質を作り出す薬品工場だと考えること ができます。本講座では、植物が生産する多様な代謝産物の種類や機能、さらには、これを利 用するためのアプローチなどについてお話しします。[梶山慎一郎教授]

●遺伝子工学科/動物形態の不思議

地球上に存在する多様な生物の形態がどのような意味をもち、どのようにして獲得されたの か、発生と進化という観点から説明します。[宮本裕史教授]

●食品安全工学科/バイ菌を使って農作物を守る

微生物農薬は、害虫のみを駆除するものや、バリアで病原菌の侵入を防ぐものなどがありま す。微生物が農作物を守る仕組みと、安全で環境にやさしいわけを解説します。[武部聡教授]

●システム生命科学科/相手の視界から消える! 電磁波工学最前線

ものが「見える」とは、「もの」からの反射光を目がキャッチすることです。「透明」な物体とは光を通 過させることのできる物体です。さて、不透明な物体を「透明」にすることができるでしょうか?光 は電波などと同じ電磁波という波です。光と電波の最前線のお話をいたします。[浅居正充教授]

●人間工学科/色彩と感性

温かく感じる色や冷たく感じる色、好きな色や嫌いな色など、色彩に対してさまざまな感情が生じ ます。本講義では、色彩の心理的効果を解説し、身近な応用例を紹介します。[片山一郎准教授]

●医用工学科/臨床工学技士と人工臓器

臨床工学技士は生命維持管理装置の操作・保守点検を業とする医療技術者です。日夜進歩する 人工臓器との関わり合いと、臨床工学技士の将来性を語ります。[古薗勉教授]

進学相談コーナー

勉強のこと、受験のこと、学校生活のこと・・・まで、小さな疑問や質問も気軽に相談してください。
●学科紹介 ●入試 ●学部全般・奨学金等 ●就職・大学院 ●キャンパスライフ など

その他のイベント

●図書館使いたい放題
●就職イベント
●'B.O.S.T. Language Space'を体験しよう
アクセス

ページTOP