初ナビ 初めての方はこちら

大学対抗建築コンペ「エネマネハウス2017」にて
生物理工学部も参加する近大チームが設計したモデルハウスが、
うめきたサザンパークにて一般公開されます

(2017年 12月1日)

近畿大学(大阪府東大阪市)は、一次エネルギー消費量ゼロの家を提案する
大学対抗建築コンペ「エネマネハウス2017」に挑戦しています。
一次審査を通過した5チームのうちの一つとして、
大阪駅前・うめきたサザンパーク(うめきた2期B区域)にモデルハウスを建築し、
平成29年(2017年)12月2日(土)から一般公開します。

【「エネマネハウス2017」について】
「エネマネハウス」とは、大学と民間企業等との協働により、
先進的な技術や新たな住まいを提案するZEHのモデルハウスを実際に建築し、
住宅の環境・エネルギー性能の測定・実証や、展示を通じた普及啓発を行うプロジェクトです。
第3回目となる今回は、
「“LIFE DESIGN INNOVATION”~住まい・コミュニティに多様な新しい価値を創造する~」をテーマに、
大阪で開催されます。
実際に建築するプロジェクトを決定するためのコンペが行われ、近畿大学、京都大学、首都大学東京、
武庫川女子大学大学院、早稲田大学・芝浦工業大学の5案が採択されました。
うめきたサザンパーク(うめきた2期B区域)にモデルハウスを建築し、
エネルギー消費量や発電量、室温や湿度、昼光率などを実証・測定します。
また、展示期間中は、建築されたモデルハウスの内部を一般の方に公開します。

【「エネマネRハウス」の特徴】
近畿大学が提案する「エネマネR(アール)ハウス ―窓辺のカートリッジとルームガーデンで生まれ変わるすまいとコミュニティ」は、
建築学部教授の松岡聡をプロジェクトリーダーとし、既存住宅のリノベーション(Renovation)によって、
思い出の空間を継承しながら高性能で創造的な暮らしを比較的廉価に提供します。
少子高齢化社会において子供が独立した後のリタイア世代の住み替え問題、空き家問題の解決策として、
居住者が少なくなり持て余した大きな住宅をリノベーションによって居住スペースとそれ以外の区画に分け、
居住スペースのみを超高断熱化することで一次エネルギー消費量ゼロを実現します。

このプロジェクトに生物理工学部からも
生物工学科の鈴木 高広教授や人間環境デザイン工学科の藤田 浩司講師らが、
トリジェネレーション技術や燃料電池等の部分で参画しています。

■居住スペースをカートリッジで超高断熱化し、空きスペースをルームガーデン等に活用
■家庭用燃料電池「エネファーム」が生み出す電気、熱、二酸化炭素によるトリジェネレーションシステムを用い、
屋内のルームガーデンでサツマイモを栽培
■リノベーションであるため、新築工事と比べて二酸化炭素の発生量を抑制
■増築するカートリッジが隣家や道路に近くなることで、新たなコミュニティを形成

【 関連リンク先 】

生物工学科

人間環境デザイン工学科


( 教員情報詳細 )

鈴木 高広 教授
藤田 浩司 講師

  1. ホーム
  2. 新着情報一覧
  3. 新着情報

ページ上部へ