初ナビ 初めての方はこちら

クローン動物の発生率の劇的な改善に成功
培養条件の改善のみで安定したクローンマウスの作出が可能に

(2017年 4月17日)

近畿大学生物理工学部(和歌山県紀の川市)遺伝子工学科講師の宮本圭、
京都大学大学院農学研究科(京都市左京区)応用生物科学専攻准教授の山田雅保、
ケンブリッジ大学ガードン研究所教授のジョン・ガードンらの研究グループは、
3種類の化合物を培養培地中に添加するだけで、体細胞クローンマウスが誕生する割合を
従来法よりも劇的に改善する新手法を世界で初めて発見しました。
この方法を用いると、簡易に、そして安定して成体の細胞からクローンマウスを作出することが可能となります。

本件に関する論文が、平成29年(2017年)4月15日(土)17:00(日本時間)に、
英国の学術雑誌「Biology Open」オンライン版に掲載されました。

【本件のポイント】
●体細胞クローン技術を実用可能なレベルまで効率化することに成功
●成体の細胞が受精直後の状態に戻るための重要な条件を発見
●クローン技術による絶滅危惧動物の保全や医療モデル遺伝子組換え動物の作出が可能に

体細胞クローン技術は、絶滅危惧動物の保全や遺伝子組換え細胞を用いた医療モデル動物の作出など、
さまざまな分野での有効利用が期待されていますが、これまでの技術では発生率(クローン効率)が1%未満であったため、
活用が難しい状況でした。

近畿大学の宮本、京都大学大学院の山田、ケンブリッジ大学のガードンらの共同研究グループは、
3種類の化合物を用いて特定の期間に、特定の組み合わせ、順番で体細胞クローン胚(以下、クローン胚)を処理することによって、
細胞が安定的に初期化(成体の細胞が受精卵の状態に戻ること)され、クローンの発生率が約15%も向上することを発見しました。
実験回によっては、最大で25%もの発生を観察しており、培地条件の改善というすべての動物に適応できる簡易な方法で、
非常に効率よく体細胞クローン動物を作出することが可能となりました。

本研究成果により、実用化レベルの効率でクローンの作出が可能になり、しかもそれが非常に簡易な技術であることから、
絶滅危惧動物の保全や医療研究に使用される遺伝子組換え動物の効率的な生産等に活用されることが期待されます。

【掲載誌】
雑誌名:「Biology Open」(インパクトファクター:2.135 2015)
論文名:Reprogramming towards totipotency is greatly facilitated by synergistic effects of small molecules
    (小分子の相乗効果により全能性獲得に向けた初期化が大幅に促進する)
著 者:Kei Miyamoto*, Yosuke Tajima, Koki Yoshida, Mami Oikawa, Rika Azuma, George E Allen, Tomomi Tsujikawa,
Tomomasa Tsukaguchi, Charles R Bradshaw, Jerome Jullien,Kazuo Yamagata, Kazuya Matsumoto, Masayuki Anzai,
Hiroshi Imai, John B Gurdon, and Masayasu Yamada*
    *責任著者=宮本圭、山田雅保

【 関連リンク先 】

遺伝子工学科


( 教員情報詳細 )

宮本 圭 講師

  1. ホーム
  2. 新着情報一覧
  3. 新着情報

ページ上部へ