初ナビ 初めての方はこちら

生物理工学部遺伝子工学科宮本圭講師らが
ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム(HFSP)
の研究助成金を受賞しました。

(2016年 12月14日)

近畿大学生物理工学部遺伝子工学科宮本圭講師が、
ドイツのMarburg(マールブルク) 大学、イギリスのBristol(ブリストル)大学と、
ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム(HFSP)の研究助成金を受賞しました。

宮本講師らが受賞したProgram Grants(プログラムグラント) は非常に競争率が高く、
国際的にとても高い評価を受けた名誉な賞として認識されています。
今年は世界中から672件の応募の内、宮本講師らの研究グループを含む25件が採択されました。

受賞内容は、「細胞核内におけるアクチン重合化の役割を解明する」です。
アクチンは細胞を形作る細胞骨格の構成成分として有名なタンパク質です。
近年、アクチンが細胞骨格だけでなく、核内にも存在し機能していることがわかり、注目を集めています。
本研究計画では、その核内アクチンの役割の全容解明を目指し、
クロマチン構造、細胞周期、リプログラミングといった多角的な側面から
核アクチンの機能を調べるという内容です。

ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム(HFSP)とは、
1987年のヴェネチア・サミットにおいて、日本政府によって提唱された国際プロジェクトで、
生体が持つ精妙かつ優れた機能の解明を中心とする基礎研究を国際的に共同して推進し、
その成果を広く人類全体の利益に供することを目的としています。
世界の科学者が対象で、「学際性」・「国際性」が重視されます。

HFSP審査結果ページ:http://jhfsp.jsf.or.jp/awardees/index.html

Kindai in the NEWS:Kindai Lecturer Awarded HFSP Grant for Biological Research(eng)

  • HFSP
  • HFSP

【 関連リンク先 】

遺伝子工学科


( 教員情報詳細 )

宮本 圭 講師

  1. ホーム
  2. 新着情報一覧
  3. 新着情報

ページ上部へ