初ナビ 初めての方はこちら

近畿大学 生物理工学部 食品安全工学科の岸田邦博講師が
『平成27年度日本食品保蔵科学会 奨励賞』を受賞いたしました。

(2015年 6月30日)

概要

2015年6月27~28日、東京農業大学世田谷キャンパスにおいて、
「日本食品保蔵科学会 創立40周年記念大会(第64回大会」が開催され、

本学部食品安全工学科の岸田邦博講師が『平成27年度日本食品保蔵科学会 奨励賞』
(果実由来の機能性成分によるメタボリックシンドローム予防および改善に関する研究)を受賞いたしました。

また、岸田邦博講師、尾崎嘉彦教授らの論文
「Phenolic Extract from Japanese Apricot Fruit (Prunus Mume Sieb et Zucc.)
Inhibits Disaccharidase Activity in the Small Intestine and Suppresses
the Postprandial Elevation of Glucose Levels in Rats, Food Preservation Science (2014) 40, 119-125」に対して
『平成27年度日本食品保蔵科学会 論文賞』が授与されました。

【 関連リンク先 】

生物理工学部 食品安全工学科


( 教員情報詳細 )

岸田 邦博 講師

  1. ホーム
  2. 新着情報一覧
  3. 新着情報

ページ上部へ