本文へスキップ

研究概要

先進的な生殖工学技術の開発と生殖補助医療分野への応用

 実験動物分野における生殖細胞を扱う基礎基盤研究は飛躍的に進歩し、今後、生殖補助医療分野への応用が期待されています。特に、生殖細胞の効率的な回収と発生および適正な受精環境の構築は重要になります。私たちは、低受精能を示す精子を用いて卵子にレーザー処理を施すレーザー穿孔法を用いることで精子侵入を容易にし受精率の向上に成功しました。
 卵巣内に存在する未成熟な卵子の利用は、今後、生殖補助医療分野への展開と不妊治療患者様への負担軽減につながる技術として考えられています。私たちは、未成熟卵子を用いた体外成熟操作の改善と体外受精方法を検討し、近交系マウスを用いた産児への発生に初めて成功しました。さらに卵子の成熟操作に用いる培養液の開発を進め、卵子初期の遺伝子発現にアミノ酸構成要素が影響を与えることを認めました。

マウス未成熟卵子内細胞質への過剰な活性酸素種の産生が体外成熟培地を改良することにより軽減することを認めました。
詳細は、こちらから。


効率的な遺伝子改変マウスの作製と胚・配偶子による遺伝資源保存技術の開発

 現在、遺伝子改変マウスは多くの系統が作出され、試験研究に用いられています。このような系統を胚・配偶子
による系統管理システムが各施設間において行われています。私たちも、これまで初期胚や精子の超低温保存法の検討を進め、初期胚や卵子ではマウス・ウサギにおいて超低温保存を実施して高い再現性を得ています。さらに、精子の凍結保存操作においては、体外成熟卵子を用いた体外受精操作と培養液の改善により、高い受精率を得ることに成功しました。

 超低温下で保管されている生殖細胞      体外受精により生まれたマウス

マウス凍結精子を用いて体外成熟由来卵子との受精率の向上に成功。詳細は、こちらから。

マウス体細胞核移植由来初期胚のガラス化保存を検討しました。詳細は、こちらから。


生殖工学・発生工学技術を用いた野生動物種への応用に関する検討

 ほ乳類のなかで一番多い生物種であるげっ歯類は、集団内の遺伝的多様性の減少と遺伝的な均一化そして生息域の断片化により生息数が減少していることのが指摘されています。種の保存に関する活動としても実験動物で実用化されている生殖工学・発生工学技術が、特に野生の小型げっ歯類においては十分に確立されていません。私たちは、繁殖技術の向上と生殖細胞(胚・配偶子)あるいは低侵襲的に体細胞を回収することによる、遺伝資源の保存技術を検討しています。今後、これらの技術を用いた個体再生へ向けた細胞の次世代供給システムの構築を検討します。 一方、高齢により生殖細胞の獲得が困難な場合や生殖細胞の入手自体ができない場合、それらに代わる遺伝資源の獲得を検討しなければなりません。私たちは、筋肉組織あるいは皮膚組織を用いた体細胞核の機能を調べることで、研究資源としての活用と様々な保存方法を検討しています。
   

野生マウス由来線維芽細胞の樹立による遺伝資源保存技術を検討しました。詳細は、こちらから。

筋肉組織を用いた真空乾燥処理による保存操作技術を検討しました。詳細は、こちらから。


information

〒642-0017
和歌山県海南市南赤坂14-1
近畿大学先端技術総合研究所
生物工学技術研究センター
TEL.073-483-7887
Fax.073-483-7717