本文へスキップ

高圧力蛋白質研究センターの教員紹介

梶山 慎一郎教授
私立大学学術研究高度化推進事業学術フロンティア推進事業研究リーダー
【学位】博士(工学)(大阪大学)【最終学歴】京都大学大学院
【前職】神戸大学大学院自然科学研究科教授
神秘的なタンパク質分子の理解に挑む。
高圧力蛋白質研究センターは、生命現象の様々な過程に関与し、生体分子の中でも最も大きな多様性と複雑な構造を有する蛋白質分子の高次立体構造解析を通じて、生命現象の深い理解と医学、薬学、農学、の発展に資する研究・教育を推進することを目的に設立されました。特に、世界でも数少ない高圧NMR装置や最新のコンピューターを用いた解析技術
は本センターの特徴となっており、多才で神秘的なタンパク質分子機能の理解に挑み続けています。


米澤 康滋教授
【学位】工学博士(筑波大学)【最終学歴】筑波大学大学院
【前職】大阪大学蛋白質研究所
生体高分子の構造や機能を電子から原子分子レベルで解明
たんぱく質やDNA等の生体高分子の構造や機能を、電子から原子分子レベルで解明するために、計算科学シミュレーションを活用。得られた結果から生命過程に新たな知見を見出すことや、最新のコンピューターで高速な計算を実現する理論やプログラムを作ることが中心です。


櫻井一正准教授 (名前をクリックすると個人のページへ移ります)
【学位】博士(理学)(大阪大学)【最終学歴】大阪大学大学院
【前職】大阪大学蛋白質研究所
たんぱく質分子の構造はどのようにしてできるのかそのメカニズムを探る
たんぱく質はいくつものアミノ酸が繋がった「ひも」です。これが特定の構造に
「折り畳む」ことで生体内での機能を獲得します。また折り畳みを誤ると、アミロイド線維という凝集体を形成し病気を引き起こすこともあります。折り畳みやアミロイド線維形成のメカニズムをNMRなどの分光学的手法で研究しています。

近畿大学先端技術総合研究所

〒642-0017
和歌山県海南市南赤坂14-1

TEL (073)483-7887
FAX (073)483-7717