本文へスキップ

植物センターの教員紹介

梶山 慎一郎教授
【学位】博士(工学)(大阪大学)【最終学歴】京都大学大学院
【前職】大阪大学大学院工学研究科
植物の新たな可能性を探究
植物センターは、植物のバイオテクノロジーの基礎および応用に関する研究を行ない、植物栽培技術の向上に資する先端科学技術の進展に寄与することを目的として設立されました。植物は、食糧や資材としてだけではなく、環境問題や食糧問題さらにはエネルギー問題といったこれからの人類が直面する地球規模の難題に対して有力なソリューションを提供する能力を秘めています。植物センターでは分子育種、感染防御、栽培技術の観点から新たな可能性を追求し続けています。


瀧川 義浩准教授
【学位】博士(農学)(近畿大学)【最終学歴】近畿大学大学院
【前職】バイオ関連企業
植物病原菌が教えてくれるコケ植物の葉表面構造の研究から
産業に役立つものを!

コケ植物の特殊な「葉表面構造」に着目し、植物病原菌に対する病害応答に関す る研究を
展開しています。高等植物では考えられないような現象がコケ植物葉表面では観察され、
その研究結果は、様々な産業にも役立つものと考えています。








近畿大学先端技術総合研究所

〒642-0017
和歌山県海南市南赤坂14-1

TEL (073)483-7887
FAX (073)483-7717