本文へスキップ

先端技術総合研究所の構成

世界最先端の研究を行う専門研究所
先端技術総合研究所は、生物工学技術研究センター、ロボット工学・技術センター、高圧力蛋白質研究センター、
植物センターから構成される最先端の研究環境。文部科学省の私立大学ハイテク・リサーチ・センターの選定。さらには、21世紀COEプログラム研究教育拠点に選定されています。
常に意欲的な研究テーマにチャレンジし、新たな研究課題を発掘する可能性と先駆的な研究成果に、各界から注目
が集まっています。
各センターをクリックすると教員の紹介になります。

生物工学技術研究センター

最先端の研究環境の下、新規の遺伝資源の開発と
増殖技術の開発など、様々な研究に取り組んでいます。

高圧力蛋白質研究センター

圧力を利用してタンパク質の働きを解明するための施設。
高圧NMRという技術を利用し、タンパク質の形の変化を動画で見ることが可能です。

植物センター

植物の育種・改良と、バイオテクノロジーを利用した種苗生産に取り組んでいます。

近畿大学先端技術総合研究所

〒642-0017
和歌山県海南市南赤坂14-1

TEL (073)483-7887
FAX (073)483-7717