ねごろ医用実学研究会

logo


研究会について

お問い合わせ


第6回研究会の開催が決定致しました。

【予告】第6回ねごろ医用実学研究会講演会  パンフレット(pdf)はこちら

メインテーマ:「臨床工学技士の職域の拡大を考えるⅡ」

開催日:平成27年3月7日(土) 13:00開会

場所:近畿大学 生物理工学部 アリーナ

企業紹介
  医療機器・医薬品メーカー各社による事業紹介

  旭化成メディカル,ジェイ・エム・エス,泉工医科工業,テルモハート,東レ・メディカル,
  日機装,ニプロ,日本メドトロニック,バクスター,扶桑薬品工業 (以上、50音順)

招待講演1
  『臨床工学技士による患者のための「ものづくり」』

  自治医科大学医学部附属さいたま医療センター臨床工学部・技士長
  百瀬直樹 先生

臨床工学技士は医療機器を管理・操作してさえいれば良いのでしょうか?今の医療機器で十分なのでしょうか?皆さんにも医療機器に限らず、生活の中で「これがあったら」「これはこうすれば」などのアイデアがあるはずで、そのアイデアは実現できるはずです。医療の現場は臨床工学技士に「ものづくり」も求めているのです。

招待講演2
  『代謝・血液浄化領域における臨床工学技士の展望』

  東京女子医科大学病院臨床工学部・技士長
  金子岩和 先生

血液透析領域では、黎明期から検査技師や放射線技師などの資格をもった技術者や無資格者が「透析技師」として参画し、業務の一役を担っていた。臨床工学技士が誕生してから、この領域では欠くことのできない存在となり工学的な側面からの業務展開について今後の役割と期待が高まっている。

※申込み方法:①所属、②職名、③氏名、④E-mail(学生の場合は、①所属、②学年、③氏名、
④E-mail)、および⑤意見交換会参加の有無(会費
500円)を明記の上、下記までメールにてお申込み下さい。〆切:3/1(日)
【事務局】黒田 E-mail: negoro@ml.waka.kindai.ac.jp ℡:0736-77-3888(内)5206

第6回研究会   平成27年3月7日開催   アンケート結果

第5回研究会   平成26年8月7日開催

第4回研究会   平成26年3月4日開催   アンケート結果

第3回研究会   平成25年9月2日開催

第2回研究会   平成25年3月29日開催

第1回研究会   平成24年8月28日開催

第1回目は「ねごろバイオマテリアル研究会」として開催


近畿大学 生物理工学部 医用工学科


Copyright 2013 Biomedical Engineering, Biology-Oriented Science and Technology, Kinki University. All right Reserved.