本文へスキップ

研究成果

学術論文  2008年〜2013年

論文:
・Molecular clonig and characterization of the 5`-flanking regulatory regions of the carbonic anhydrase  
 nacrein gene of the pearl oyster Pinctada fucata and its expression. Biochem Genet. 50:673-683
 (2012)
・Tyrosinase causes the blue shade of an abnormal pearl. Journal of Molluscan Studies 77: 312-314
 (2011)
・Prismin: a new matrix protein family in the Japanese pearl oyster (Pinctada fucata) involved in
 prismatic layer formation. Zoolog Sci. 27 416-26 (2010)
・Gene Cloning and Biochemical Characterization of the BMP-2 of Pinctada fucata. Biosci Biotechnol    Biochem. 72:37-47 (2008)

学会発表  2013年

国際学会:
・The Carbonic anhydrase nacrein gene of Pinctada fucata: organization, correlation of exons with
  functional domain, and evolution The International Symposium on Pearl Research. (2011)
・THE TYROSINE PHOSPHORYLATION IS INDISPENSABLE TO THE CALCITE GROWTH ACTIVITY OF
  PRISMIN 9th International Marine Biotechnology Conference. (2010)

国内学会:
・プリズミンの方解石結晶成長に関与する2次構造領域とリン酸化修飾部位の決定 マリンバイオテクノロジー学
 会(2011)
・アコヤ貝稜柱層特異的タンパク質プリズミンにおけるチロシンのリン酸化修飾が方解石結晶成長作用へ与える影
 響 マリンバイオテクノロジー学会(2010)
・プリズミンのリン酸化修飾と合成ポリペプチドを用いた結晶成長機能の解析 バイオミネラリゼーションワーク
 ショップ(2009)
・アコヤ貝稜柱層特異的タンパク質プリズミンのリン酸化修飾と方解石結晶成長に与える影響 マリンバイオテ  ノロジー学会(2009)


セミナーなど



information

〒649-6433
和歌山県紀ノ川市西三谷930
近畿大学生物理工学部
遺伝子工学科
TEL.0736-77-3888