本文へスキップ

Laboratory of Food Safety Control, Department of Science and Technology on Food Safety, Faculty of Biology-Oriented Science and Technology, Kindai University

平成29年度卒業研究テーマ

1.「食中毒菌の抗病原性剤スクリーニング系の構築」
病原性大腸菌の病原性に関わる二成分制御系 QseC/QseB系, QseE/QseF 系, KdpD/KdpE系の評価系を非病原性大腸菌で構築する。

2.「食中毒菌の抗病原性剤の探索」
サルモネラ菌の病原性に関わる二成分制御系 PhoQ/PhoP, EnvZ/OmpR 系を阻害する 化合物を探索し、阻害能を示すサンプルに対して阻害メカニズムを解析する。

3.「ミュータンス菌のバイオフィルム形成阻害剤の探索」
虫歯の原因となるミュータンス菌 (Streptococcus mutans) のバイオフィルム形成阻害剤を探索し、得られた阻害剤の阻害メカニズムを解析する。

4.「大腸菌酸応答性 EvgS センサーの活性化機構」
酸性環境に対する耐性化を誘導する EvgS/EvgA 二成分制御系のセンサー EvgS の 活性化機構を解析する。

5.「カンピロバクター菌に対するファージの研究」
カンピロバクター菌およびカンピロバクター菌を溶菌するファージを市販鶏肉肝から単離し、同定する。また、単離したファージの宿主選択性などの特性を解析する。

6.「カンピロバクター菌のストレス耐性の研究」
カンピロバクター菌の株間における酸耐性能を比較し、酸耐性能に関わる因子を探索する。

7.「ノロウィルス検出法の研究」
養殖牡蠣を汚染しているノロウィルスの検出法を検討する。


平成28年度卒業研究テーマ

1.「食中毒菌の抗病原性剤スクリーニング系の構築」
病原性大腸菌の病原性に関わる二成分制御系 QseC/QseB系の評価系を非病原性大腸菌で構築する。

2.「食中毒菌の抗病原性剤の探索」
サルモネラ菌の病原性に関わる二成分制御系 PhoQ/PhoP, EnvZ/OmpR 系を阻害する化合物を、大腸菌で構築したレポーターアッセイを用いて探索する。

3.「ミュータンス菌のバイオフィルム形成阻害剤の探索」
虫歯の原因となるミュータンス菌 (Streptococcus mutans) のバイオフィルム形成阻害剤を探索する。バイオフィルムを分解する化合物も併せて探索する。

4.「カンピロバクター菌に対するファージの単離」
カンピロバクター菌およびカンピロバクター菌を溶菌するファージを市販鶏肉から単離、同定。また、単離したファージの宿主選択性を検討。

5.「大腸菌酸応答性 EvgS センサーの活性化機構」
酸性環境に対する耐性化を誘導する EvgS/EvgA 二成分制御系のセンサー EvgS の活性化機構の研究。

6.「カンピロバクター菌の二成分制御系の研究」
カンピロバクター菌の二成分制御系のクローニングと機能解析。

近畿大学 生物理工学部
食品安全工学科
食品衛生管理学研究室


〒649-6493
和歌山県紀の川市西三谷 930
TEL.0736-77-0345(内線5203)
FAX.0736-77-4754