本文へスキップ

Laboratory of Food Safety Control, Department of Science and Technology on Food Safety, Faculty of Biology-Oriented Science and Technology, Kindai University

研究内容

病原性制御を目指した細菌情報伝達系の研究

● 研究概要

食中毒原因菌などの病原菌は、ヒトに対して病原性をもつことで嫌われています。もし、病原性が無くなれば、ヒトとの共存も可能であり菌を殺す必要がなくなります。私達は、食中毒原因菌に対抗する新しい手段として、細菌情報伝達系を標的とした、病原性抑制因子の開発を目指しています。


● 研究テーマ

情報伝達阻害剤の探索と阻害メカニズムの解明

サルモネラ属菌や病原性大腸菌の病原性発現に関わる情報伝達系の活性測定系を非病原性大腸菌で構築し、野菜、果物などの食品をはじめとする天然物から阻害剤を探索しています。見つかったものについては、有効成分の決定と阻害メカニズムの解明を行います。

01
図1. 情報伝達阻害剤探索のコンセプト



センサーのシグナル認識機構の解析

病原性発現に関わるセンサーの阻害剤開発にはセンサーの活性化メカニズムを知ることが必要です。環境変化を感知するセンサーがどのようにシグナルを認識して活性化するかを、酸シグナルを感知する EvgS センサー(大腸菌)について解析しています。

01
図2. EvgS センサーの活性化シグナル



う蝕菌のバイオフィルム形成阻害剤の探索と阻害メカニズムの解明

虫歯は、う蝕菌 (Streptococcus mutans) が歯の表面に強固なバイオフィルムを形成することで生じます。バイオフィルム形成に関わる情報伝達系を阻害すると、う蝕菌が形成するバイオフィルムは不均一で脆くなります。う蝕菌のバイオフィルム形成を阻害する物質を、天然物からさらに探索しています。見つかったものについては、有効成分の決定と阻害メカニズムの解明を行います。

01  02
図3. 情報伝達阻害剤による     図4. スクリーニングサンプルによるバイオフィルム形成阻害例
う蝕菌のバイオフィルム形成阻害



カンピロバクター菌の研究

我が国のカンピロバクター食中毒の発生件数は多く、近年では事件数で毎年1位か2位です。カンピロバクター属菌に対抗するために、カンピロバクターの環境ストレス応答と情報伝達系の関連を研究しています。
また、家禽に対するカンピロバクターによる感染を防ぐために、カンピロバクターに特異的に作用するファージを探索しています。抗生物質投与の代わりになるようなファージ・セラピーが目標です。

01
図5. ファージによるカンピロバクターの溶菌


近畿大学 生物理工学部
食品安全工学科
食品衛生管理学研究室


〒649-6493
和歌山県紀の川市西三谷 930
TEL.0736-77-0345(内線5203)
FAX.0736-77-4754