学科ポリシー

アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

 食品安全工学科は、「食品」に限らず、衣食住の「食」に関わる安全と機能について広く学ぶ学科です。食品安全工学科は、「食」について生産、保存、流通、 加工、調理、摂取、消化・吸収、代謝における安全と機能に関心を持ち、食に関する情報を科学的に評価して、工学的に応用できる人材を育成します。このために十分な基礎力を有する学生の選抜は一般的な筆記試験により、文系・理系を越えた「食」に関連する多様な人材の選抜は面接を重視する試験により、次のような入学者を広く受入れます。

 1.
生産から消費まで、食の安全と食の機能に関心を持つ人。
 2.
生命科学、生命工学、社会科学などの学際視野に立った学問・技術の修得を積極的に目指す人。
 3.
「食」と食文化、世界における日本食の持つ意味など、「食」に関連する諸問題に関心を持ち、多角的な観点から社会貢献を志す人。
 4.
本学科で取得できる食品衛生管理者やHACCP管理者などの資格を活かし、食品生産、加工製造、機能性食素材の開発、食品衛生関連製品の開発などの分野に興味を持ち、勉学を志す人。
 5.
21世紀の重要課題である環境問題や持続可能な社会発展に関わる問題に興味を持ち、「食」の観点から国際的な視野を持って解決していく意欲にあふれる人。 

また、食品安全工学科に入学するまでに、次のような教科・科目の内容を理解していることが望まれます。

 国語:
文章の内容を的確に読み取り、自分の考えを論理的な文章にまとめる能力
 外国語:
日常的な話題の読み聞きによる理解と、情報や考えを英語で伝える基礎的な能力
 化学:
物質の構造や化学反応の基本的な概念や原理・法則の理解
 生物:
生物や生命現象の基本的な概念や原理・法則の理解
 数学:
基本的な概念や原理・法則の理解と論理的な思考力
 地歴・公民:
「食」を取巻く社会情勢に関する基礎的知識と社会的素養
 課外活動:
自主的かつ協調的な態度と社会貢献への興味
 保健体育:
食育、食に基づく健康的な生活習慣の形成に関する知識

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

 食品安全工学科は、「食」をめぐる課題を、自ら発見し解決できる人材の育成を目的としたカリキュラムを提供しています。本学科の学生が履修できる科目は、 学部共通の「共通教養科目」「外国語科目」「学部基礎科目」と、学科の特色を生かした「専門科目」であり、学科教員の教育研究活動を通じて、本学科学生の 学問的、人間的成長とキャリア形成を支援します。

 1.
入学前に基礎学力を補完するためのe-ラーニング学修プログラムを希望者に提供します。また、入学者の基礎学力の確認と向上を図るために、「英語」、「数学」、「物理」の基礎教育プログラムを提供します。大学生活へのスムースな移行のため、少人数実践ゼミやオフィスアワー、アドバイザリー制度を設け、教員との密接なコミュニケーションを図ります。
 2.
専門教育に携わっている教員が教養教育に参加して、専門教育と教養教育が有機的に連携した授業を提供します。さらに、教職課程を履修することにより「中学校教諭一種免許(理科)」、「高等学校教諭一種免許(理科)」が取得できます。
 3.
「専門科目」においては、専門性を高める教育プログラムを提供します。専門科目を「食生産環境」、「食品管理評価」、「応用生命工学」、「食品機能工学」の4ブロックに分け、それぞれのブロックで開講する科目は基礎から応用へ無理なく知識を深められる配置にしています。また、コンソーシアム科目を始めとして他大学との単位互換制度等を活用し、複眼的な専門性の育成に努めます。
 4.
生命科学、生命工学、社会科学にわたる幅広い学術分野での教育を進めるために、他学科教員による専門選択科目を設け、植物や動物の生物工学的、遺伝子工学的な知識や情報を得られるようにします。
 5.
「食」を安全で機能的に優れたものにするための知識と技術を身につけ、それらを食産業社会に還元できる人材の育成のため、今日的な課題を考慮した講義科目、基本的及び応用的な実験手法を修得する実験科目、情報発信能力を身につける演習科目を設けています。
 6.
国際性と世界的に通用するコミュニケーション力を養うために、外国語科目と専攻科目演習を連携して配置しています。
 7.
専攻科目演習や卒業研究を通して、講義科目と実験実習により得られた知識を活用し、学術的な探究心を刺激するとともに社会人基礎力を向上できるようにしています。
 8.
食品製造・加工の現場において衛生管理を担う実践者の育成を目指します。「食品衛生管理者」、「食品衛生監視員」の資格取得に加え、食品産業界で注目される「HACCP管理者」資格も学科のカリキュラム履修のみで取得できます。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

食品安全工学科は、「食の安全」と「食の機能」に関して、生命科学、生命工学、さらには社会科学にわたる幅広い学術分野での教育・研究を通じて、グローバルな視野を持ち広く社会に貢献できる人材の育成、基礎学力・専門知識に加えそれらをうまく活用して行くための社会人基礎力の向上を目指します。本学科に4年以上在籍し、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、学士(工学)の学位を授与します。本学科学生 が卒業までに身につけるべき資質・能力を以下に示します。

1. 知識・理解
・「食」の生産、保存、流通、加工・調理、摂取、消化・吸収、代謝における安全性と機能性を理解し評価するための科学的な知識と技能を身につけていること。
・食品衛生管理者やHACCP管理者などの資格の社会的意義を理解し、食品生産、加工製造、機能性食素材の開発、食品衛生関連製品の開発などの分野で活躍するに足りる知識と技能を身につけていること。
2. 汎用的技能
・「食」に関する生命科学、生命工学、社会科学の課題に対して、論理的思考に基づいた解決ができること。
・「食」をめぐる世界情勢を正しく理解し、異文化の人びととのコミュニケーションが図れる国際的視野を有すること。
3. 態度・志向性
・社会における「食」の役割を理解し、高い倫理観を持って食の安全に貢献できること。
・「食」の現場で活躍できる実践的な技術者・研究者・インストラクターとしての自立を目指し、情報収集能力、課題発見能力・解決能力さらには情報発信能力を身につけること。
4. 総合的な学修経験と創造的思考力
・専攻科目演習や卒業研究を通して、実験などの計画と実施、そしてその評価・検討に基づいて新たな計画を立案していく能力、最終的にその研究の意義、研究の内容、発展性をプレゼンテーションする能力を身につけていること。
・21世紀の重要課題である環境問題や持続可能な社会発展に関わる食糧問題等の今日的な課題を理解し、国際的な視野で想像力豊に解決していく思考力を身につけていること。

近畿大学のページへ

生物理工学部トップページへ

食品安全工学科へ

食品安全工学科同窓会へ