教員紹介

分子生化学研究室

武部 聡 教授

武部 聡 教授

最終学歴
京都大学大学院
学位
農学博士(京都大学)
前勤務先
京都女子大学栄養士養成課程講師
主担当科目
生化学Ⅰ・Ⅱ、細胞生物学Ⅱ
専門分野
分子生物学、生化学

害虫のみを選択的に駆除する環境保全型生物農薬を開発
農作物害虫の病原菌を用いた、生物農薬の開発を試みています。この昆虫病原菌が作るタンパク質は、標的害虫には毒として働き、益虫やヒト・動物・植物には無害です。さらに残留性も無いので、生物農薬としての利用が期待されています。タンパク質はどのようにして標的昆虫を見極めているのか?分子レベルでの解明を進めています。

⇒詳細はResearchmap (http://researchmap.jp/read0041676 )
または研究内容紹介へ 
(http://www.waka.kindai.ac.jp/kigyo/works/index.php?func=index&mode=1&department=3)

詳しくは研究室HPへ

東 慶直 准教授


東 慶直 准教授

最終学歴
総合研究大学院大学
学位
博士(理学)(総合研究大学院大学)
前勤務先
山口大学医学部
主担当科目
細胞生物学Ⅰ、分子生物学Ⅱ、細胞内情報伝達論
専門分野
生物情報学、ゲノム生物学

食品の生産にかかわる微生物の全体像を解明
微生物のゲノム解析に基づき、その微生物の生態、生理、進化など菌全体を理解する研究を進めています。一方、そのゲノム情報を上手に利用し、持続可能な社会の構築に向けた応用開発も進めています。対象とする微生物は、動脈硬化の原因となる肺炎クラミジアやアブラナ科植物の根こぶ病の原因菌、食酢醸造に必須な酢酸菌、バイオプラスチック基質生産菌などです。

⇒詳細はResearchmap (http://researchmap.jp/yoshinaoazuma )
または研究内容紹介
(http://www.waka.kindai.ac.jp/kigyo/works/index.php?func=index&mode=1&department=3)

詳しくは研究内容紹介へ

食品機能学研究室

尾崎 嘉彦 教授

尾崎 嘉彦 教授

最終学歴
大阪府立大学
学位
博士(農学)(大阪府立大学)
前勤務先
(独)農業・食品産業技術総合研究機構、和歌山県工業技術センター
主担当科目
機能性食品開発、応用微生物工学、知的財産権
専門分野
食品化学、応用微生物学

果実が持つさまざまな機能を解析し生活を向上させる新たな加工品を開発
果物は私たちの食卓に彩りを添え、食生活を豊かにしているだけではなく、健康の維持にも重要な役割を果たしています。果物が持つこの働きを、さまざまなバイオサイエンスの手法を用いて解析し、正しく理解して、新たなジャンルの加工品の開発などの形で私たちの生活の向上に結びつけることが、主な研究テーマです。

⇒詳細はResearchmap (http://researchmap.jp/read0002538 )
または研究内容紹介
(http://www.waka.kindai.ac.jp/kigyo/works/index.php?func=index&mode=1&department=3)

詳しくは研究室HPへ

岸田 邦博 講師

岸田 邦博 講師

最終学歴
大阪市立大学大学院
学位
博士(生活科学)(大阪市立大学)
前勤務先
長崎県立大学
主担当科目
食品材料学、食品機能学
専門分野
食品機能学

食品成分による新たな生理機能を追求
食品に含まれる成分には健康増進に役立つ機能性成分とよばれるものがあります。糖質、脂質、タンパク質といった栄養素や植物に含まれるポリフェノールなどの非栄養素のなかには、まだ明らかになっていない未知の機能があります。メタボの予防や改善など、健康増進に役立てることを目的とし、これらの機能を追究しています。

⇒詳細はResearchmap (http://researchmap.jp/kkishida )
または研究内容紹介
(http://www.waka.kindai.ac.jp/kigyo/works/index.php?func=index&mode=1&department=3)

詳しくは研究室HPへ

食品システム学研究室

木戸 啓仁 教授

木戸 啓仁 教授

最終学歴
九州大学大学院
学位
博士(農学)(九州大学)
前勤務先
くらしき作用大学
主担当科目
食品システム論、食品工業技術論
専門分野
食品流通、マーケティング

顧客の感覚や感情に訴えかける経験価値について事例研究
食品開発は、「売れる商品をつくる仕組みづくり」であり、企業経営の重要なテーマ。現在、商品やサービスの低価格、機能性ではなく、顧客の感覚や感情に訴える「経験価値」などが注目されています。そこで、食品開発の成功率を高めるマーケティング戦略や新しい考えがどう具体化され、企業の競争優位を実現しているか研究しています。

⇒詳細はResearchmap (http://researchmap.jp/kido0429)
または研究内容紹介
(http://www.waka.kindai.ac.jp/kigyo/works/index.php?func=index&mode=1&department=3)

詳しくは研究室HPへ

食品免疫学研究室

芦田 久 教授

芦田 久 教授

最終学歴
京都大学農学部
学位
博士(農学)(京都大学)
前勤務先
京都大学大学院生命科学研究科
主担当科目
免疫学、アレルギーの科学
専門分野
微生物学、生化学

免疫力アップや炎症を抑える新たな食品を生み出す
善玉腸内細菌であるビフィズス菌や乳酸菌の、腸内における糖質代謝や定着メカニズムについて研究しています。また、さまざまな食品成分が腸内細菌を介して腸管免疫におよぼす影響を調べ、免疫力を高めたりアレルギーや炎症を抑えたりする食品の開発をめざしています。

⇒詳細はResearchmap (http://researchmap.jp/ashida)
または研究内容紹介
(http://www.waka.kindai.ac.jp/kigyo/works/index.php?func=index&mode=1&department=3)

詳しくは研究室HPへ

食品保全学研究室

泉 秀実 教授

泉 秀実 教授

最終学歴
静岡大学大学院
学位
農学博士(大阪府立大学農学)
前勤務先
近畿大学付属農場、アメリカ農務省ベルツビル研究所
主担当科目
食品保全学、食品安全学、世界の食生産事情
専門分野
食品保全学、園芸利用学

「安全で高品質な食品」を求めて微生物の制御方法を探る
果物や野菜など生食する食品では、ヒトに病気を引き起こす病原微生物を付けない生産方法と、食品の味や栄養成分を変えることなく付着した微生物を除去することが求められます。微生物の遺伝子解析から食品固体の鮮度測定まで、最新機器を駆使して実施。食品の品質保持と安全性を高める研究に取り組んでいます。

⇒詳細はResearchmap (http://researchmap.jp/read0181520)
または研究内容紹介
(http://www.waka.kindai.ac.jp/kigyo/works/index.php?func=index&mode=1&department=3)

詳しくは研究室HPへ

石丸 恵 准教授

石丸 恵 准教授

最終学歴
大阪府立大学大学院
学位
博士(農学)(大阪府立大学)
前勤務先
大阪府立大学、アメリカ農務省ベルツビル研究所
主担当科目
食品加工学、食品流通論、遺伝資源学
専門分野
園芸利用学

品質の低下を抑える技術を生み高品質の農産物を食卓に届ける
食品の中でも農産物は収穫することにより品質が急速に低下します。この低下を最小限に抑えることで、高品質な農産物を食卓に運ぶことができます。また、収穫前から収穫後の品質変化を見越した品質制御を行うことも重要です。そこで、収穫から食卓までの品質および安全性の保持を目的とした研究を進めています。

⇒詳細はResearchmap (http://researchmap.jp/read0065976)
または研究内容紹介
(http://www.waka.kindai.ac.jp/kigyo/works/index.php?func=index&mode=1&department=3)

詳しくは研究室HPへ

動物栄養学研究室

白木 琢磨 准教授

白木 琢磨 准教授

最終学歴
京都大学大学院
学位
博士(人間・環境学)(京都大学)
前勤務先
京都大学大学院生命科学研究科
主担当科目
遺伝学概論、分子生物学Ⅰ、細胞培養工学
専門分野
生化学

生命活動のドグマの最後のピースをはめるのが夢
タンパク質が生体内低分子化合物に作用するという視点で見ると、「生物は自分自身を形成する化学環境」を維持するために、あらゆる工夫を凝らしていると考えられます。このような視点から、生体の環境応答について、核内受容体リガンドという観点で研究を進め、生命活動のドグマの最後のピースをはめることが研究者としての夢です。

⇒詳細はResearchmap (http://researchmap.jp/7000013384)
または研究内容紹介
(http://www.waka.kindai.ac.jp/kigyo/works/index.php?func=index&mode=1&department=3)

詳しくは研究室HPへ

食品衛生管理学研究室

江口 陽子 講師

江口 陽子 講師

最終学歴
近畿大学大学院
学位
博士(農学)(近畿大学)
前勤務先
近畿大学農学部
主担当科目
食品衛生管理学、公衆衛生学
専門分野
微生物学、分子生物学

食中毒菌の病原性を知り、病原性を抑える
食中毒菌の中には、ヒトの腸内という特殊な環境下でその病原性を発現するものがあります。このような細菌では、特定のセンサーが刺激を感知し、その情報が細胞内へと伝えられることで病原性が発現します。この情報伝達系を制御して、病原菌を殺さずに病原性を抑えられるような化合物の発見を目標に研究を行っています。

⇒詳細はResearchmap (http://researchmap.jp/y-eguchi)
または研究内容紹介
(http://www.waka.kindai.ac.jp/kigyo/works/index.php?func=index&mode=1&department=3)

詳しくは研究室HPへ