学科概要

食に関わる科学技術を総合的に学ぶ

 食品安全工学科では、食素材の生産性、品質の安定性、食品としての健康への寄与といった観点から「食の安全と機能」を捉え、教育と研究を行います。分子生物学を中心とした食の安全性と機能性の基礎的研究分野から、環境適合性に配慮した食品衛生管理システムの構築や食品機能性素材の開発などの応用研究分野に至る教育を受けることにより、食品を分子レベル、細胞レベル、および植物・動物個体レベルで理解し、応用できる能力の修得を目指します。

幅広い分野をカバーする7つの研究室

 そのため、食品保全学や動物栄養学など分野別に7 種類の研究室を設置しています。各研究室がカバーする研究領域は、農産物の生産から、流通加工、栄養、食品ビジネスまでを網羅し、それぞれの専門分野において、食に関する活発な研究を展開しています。各研究室の研究内容は、このホームページでも詳しく紹介されています。

社会で求められる人材を育成

 食品安全工学科の卒業生は、食品の生産、加工、流通、保存過程の安全性や生産現場の収穫量の確保や環境保全など、食全般の安全管理に携わる人材、および、食に関わる生理や機能解析を基に食品と人間の健康との関連付けを理解し応用できる人材として、広範囲にわたる食品を取り巻く産業界で活躍することが期待されます。在学中に、食の安全と機能に関する専門的知識を修得し、「食品衛生 管理者・食品衛生監視員」の資格と日本食品保蔵科学会認定の「HACCP管理者」の資格を得ることができます。

カリキュラム

 「食の安全と機能」を農学と工学の学際的・統合的システムでとらえ、生命科学・生命工学からイノベーションの創出までを視野に入れた実学的教育。9区分に分かれた科目区分のうち、食品基礎(学科基礎)、食生産環境、食品管理評価、食品機能工学、生命機能工学の5区分は、学科の基幹専門分野の科目を年次とともに無理なく基礎から応用に進めるように配置。また、食糧生産技術、生命情報、応用生命工学の3区分は、他学科の専門科目を一部取り込んで、より広く動植物の生物工学的・遺伝子工学的な知識を得られるようにしています。
 ⇒詳細はこちらから(学部学科カリキュラム体系図へ)