学科長挨拶

食品安全工学科 学科長  尾崎嘉彦 教授
  食品安全工学科 学科長
    尾崎嘉彦 教授

ご挨拶

 食品安全工学科は生物理工学部の生物工学科と遺伝子工学科の特に食に関連の深い領域を母体として2010年に新たに創設された学科です。
 食品安全工学科では、食品の生産、加工、流通、貯蔵過程の全般を対象とした安全管理に携わる人材、および、食と人間の健康との関連付けを理解し応用できる人材の育成を目指しています。本年度までに二期およそ150名の先輩が食品安全工学科から巣立っていきました。そして、その多くが日本食品保蔵科学会認定のHACCP管理者の資格を取得して、社会で活躍しています。
 本学科での学びと研究の内容については、このホームページで詳しく紹介しています。これ以外にも、私達は皆さんに本学科を知ってもらうため、公開講座 BOSTサイエンスカフェやオープンキャンパスなどを通して実際の研究内容に触れていただく機会も設けています。このページの情報だけではなく、実際に、私達の学科の教員や研究成果を見てみませんか。そして、もしこの分野に興味が湧けば、私達と一緒に未来の食の基盤を築くための研究を行いませんか。

 

近畿大学のページへ

生物理工学部トップページへ

食品安全工学科へ

食品安全工学科同窓会へ