平成22年5月21日(金)、京都リサーチパークにて開催されます「第54回システム制御情報学会研究発表講演会」の「生体・生命システムの解析・計測・シミュレーション」と題するオーガナイズドセッションにおいて、本学科の教員5名が研究発表いたします。システム生命科学分野における最新の研究成果を紹介いたします。発表者とタイトルは以下の通りです。
  • RoboCup Rescue Simulation のエージェントに対するGAの適用(河本敬子 講師、他)
  • 抑制性フィードバックを考慮した顕著性マップ理論に基づく視線予測(小濱 剛 講師、他)
  • タンパク質 c-Myb R2 ドメインの高圧下におけるMDシミュレーション(吉田 久 准教授、他)
  • 生物におけるパターン形成とその応用(一野天利 講師)
  • 非接触静電気分布測定システムと人体への応用(栗山 敏秀 教授、他)
  • 人の気配察知能力の解明を目指した音による距離推定の基礎研究(中迫 昇 教授、篠原寿広 講師、他)




ニュース&トピックスに戻る