医用工学科では、情報工学、電機・電子工学、機械工学、材料工学などの高度な工学の専門知識と、基礎医学・臨床医学に関する基礎知識を効果的に融合させるカリキュラムを編成しています。これらを通して、医療機器の動作原理に関連する工学の知識と治療対象となる人体の構造や機能、主要疾患の成因や病態を総合的に学びます。

また、工学、医学分野の学修を経て、医用工学系科目を修得することで、 先端医療機器の設計エンジニアとしても充分通用する専門知識を身につけます。 豊富な実習・演習を通して医療機器や治療技術の開発に必要とされる工学的思考力を培い、 医療現場で必要とされる実践的技能を修得します。

本学科のカリキュラムにおいて所定の科目を修得することで、臨床工学技士の国家試験の受験資格を得ることが可能です。

科目系統図(pdf)
adobePDF