初ナビ 初めての方はこちら

  • KINDAI UNIVERSITY
  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • ENGLISH

就職サポート体制

1年次から計画的にキャリアサポートを展開!

世間的に皆が就職活動をスタートさせる時期になってから
ようやく自分も動き出すようでは、ライバルに差をつけるのは難しい。
そこで生物理工学部では、全学生を対象に、
1年次のうちから計画的にキャリアサポートを進めていきます。

就職サポートカレンダー

TOPICS|生物理工学部独自のキャリアサポート

企業にアピールできる資格取得を強力に後押し!

大学で学んだ知識を就職活動時にアピールできるよう、生物理工学部オリジナルの認定資格を設置。所定の科目を履修し、実学を重視したバイオ実習に参加することで取得可能です。また、臨床工学技士の受験資格(医用工学科)やHACCP管理者の資格(食品安全工学科での所定科目履修が条件)も取得できます。さらに、CG検定やTOEICRの試験を学内で実施するなど、語学や技能の修得も応援しています。

生物理工学部で取得できるオリジナル資格
  • バイオテクノロジー2級技能士


内定を勝ち取った先輩から生のアドバイスがもらえる!!

生物理工学部では、就職ガイダンスの一つとして内定者からの就職活動報告会を実施。例えば面接での質問内容など、先輩から直接、生きた就職活動情報を収集できるほか、先輩自身の経験を生かした貴重なアドバイスももらえます。また、自宅PCからも閲覧可能な学内就職WEBシステムでも、卒業生が残してくれた採用試験の情報などがチェックできます。

全国各地、12,000社を超す企業からの求人情報を提供!

企業との太いパイプを持つ近畿大学には、毎年数多くの求人が寄せられます。実際、2015年度、近畿大学生物理工学部には12,000社を超える企業から求人が寄せられました。これは、学生一人当たりに換算すると約27社という豊富さです。

内定への第1関門、筆記試験の対策講座が無料で受講できる!先輩たちにも人気

2・3年次を対象に、就職試験で必須の基礎学力養成講座(全15回)を実施。講師はSPIなどの筆記試験対策のプロ。また、受講の前と後に模擬テストを実施し、実力の伸びを確認できます。

現場で仕事を学ぶインターンシップが講義で体験できる!

学生が企業や官公庁などで就業体験を積むインターンシップを、生物理工学部は講義科目として設置。企業や仕事のリアルな姿を体当たりで感じ取る経験は、充実した事前・事後教育との相乗効果で、就職活動に向けた貴重な財産になるはずです。

食品安全工学科 [3 年]和歌山県立粉河高校出身
迢€家 佳苗さん

実務を通して、迷っていた志望職種がクリアに。

技術職と営業職とで迷っていた進路を明確にしたいと2週間、染色加工会社へ。インクジェット方式の染色機で生地を作るためメーカーから届いたラフデータを解析して整えたり、グラフィックソフトでデザインを体験したり。営業の方とも話し、素晴らしい製品を売ることの面白さにも感動。自社の強みを的確に伝えられる技術営業が理想になりました。目標は、学んだユニバーサルデザインの知見も生かせる仕事です。
※2017年4月、人間環境デザイン工学科に名称変更

TOPICS|内定者インタビュー

遺伝子工学科 [4 年]
大阪府・追手門学院大手
前高校出身
徳原 舞さん

就職情報室のアドバイスのおかげで
エントリーシートは8割以上が通過!

人と話すことが好きなのと、これまでに学んだ情報技術が生かせるよう、「人と接する力」が必須とされるシステムエンジニアに絞って就職活動に取り組みました。文章を書くのが苦手でしたので、履歴書は就職情報室で添削していただきました。どう自分をアピールしようか悩んでいたところ、枠にとらわれず思いの丈を並べて、そこから吟味するべきとのアドバイスが。いくつかの話題を用意しておけば君の場合は大丈夫だから、と勇気づけてもらえたのが何よりも心強かったです。卒業研究にも全力で取り組んでいましたので、5社しかエントリーしませんでしたが、その中でも第一志望の企業から一番に内定をいただけたのは感激でした。研究を通じて培った忍耐力や発想力を武器に、頼られるSEをめざします。
2017年4月、生命情報工学科に名称変更

人間工学科[4年]
山口県立防府高校出身
小林 冠太さん

憧れだった「人の役に立つ
モノづくりの仕事」に就職内定!

食品企業に絞って活動を展開。就職情報室には本当にお世話になり、あらゆるサポートを受けました。エントリーシートの添削では、各企業のホームページを見て、その会社が今、力を入れていることに絡めた内容を、との助言をいただき実践。模擬面接ではその企業に役立つようなPRをと、グループワークの練習では人の発言を聞く姿勢にも注意をと、それぞれアドバイスを受け、本番に生かしました。うまく進めなかったときには、「あなたに一番合う企業に必ず受かるから」と励ましてもらい、結果、社風などすべてが「自分に一番合う」と感じた企業に内定。講義を通して最も惹かれた品質管理を志望し、将来的には商品開発にも携われればと思います。

  1. ホーム
  2. 在学生の方へ
  3. 就職支援
  4. 就職サポート体制

ページ上部へ