初ナビ 初めての方はこちら

「化学工業日報」掲載 
新田ゼラチン、細胞接着弱い新性質コラーゲン、新たな再生医療材に

(2014年 5月13日)

概要

5月13日(火) 化学工業日報(p.7) 掲載

新田ゼラチンは5月12日、近畿大学生物理工学部遺伝子工学科教授・森本康一との共同研究で、
細胞が接着しにくい新性質のコラーゲンを開発したと発表したことが掲載されました。

詳しくは以下のニュースリリース内容をご覧ください。

ニュースリリース内容

【 関連リンク先 】

生物理工学部 遺伝子工学科


( 教員情報詳細 )

 森本 康一 教授

  1. ホーム
  2. オンメディア一覧
  3. オンメディア情報

ページ上部へ