初ナビ 初めての方はこちら

  • KINDAI UNIVERSITY
  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • ENGLISH

生物理工学部が求める学生像

生物理工学部が求める学生像【アドミッションポリシー】

生物理工学部は、近畿大学建学の精神に則り、生命科学と理工学の学際的分野で、系統的な基礎科目の教育と学科毎に高度な専門教育を実施して、社会に貢献できる多様性を持つ優れた人材を育成します。このために、次のような入学者を広く受入れます。

  1. 各学科での履修に必要な基礎学力を十分に有している人。
  2. 自然科学と最先端の科学技術に広く関心を持つ人。
  3. 将来の目標を定め、強い意志を持って勉学を志す人。
  4. 能動的に学ぶ姿勢を有している人。
  5. 幅広い視点から論理的に課題を解決していく意欲にあふれる人。
  6. 高い倫理観を持って謙虚な姿勢で社会に貢献しようと志す人。
  7. 他者との関わりを大切にし、コミュニケーション能力を高め、社会に飛躍しようとする人。

各学科の求める学生像【学科アドミッションポリシー】

生物工学科

生物工学科は、生物学や生命科学における特定の分野だけでなく、広範な様々な分野の知見と技術を柔軟に取り込みながら常に自らを進化させていくことのできる人材の育成を目指しており、これを実現するため、次のような入学者を受入れます。

  1. 柔軟な考え方をもち文系理系を問わず科学の幅広い分野に深い関心を抱く人。
  2. 学びとった知識と経験をもとに未知の分野を解き明かし最先端の科学技術を開発することに熱意を持って取り組む人。
  3. 現代社会の課題解決を強く指向し、専門的な知識と技術の修得を目指し、自ら行動する人。

また、生物工学科に入学するまでに、次のような教科の内容を理解していることが望まれます。

国語: 現代文を論理的に読解し表現する基礎能力
外国語: リーディングとライティングを中心とする基礎的なコミュニケーション力
数学: 確率・統計及び関数に関する基礎知識
物理: 熱やエネルギーなどの物理的現象に関する基礎知識
化学: 物質の構成と変化に関する基礎知識
生物: 細胞や組織、個体の構成と代謝、及び遺伝に関する基礎知識
地歴・公民: 国内外の社会情勢及びそれらの基盤となる歴史に関する素養

遺伝子工学科

遺伝子工学科は、生物理工学部の教育方針に則り、「深い教養と論理的思考を身につけ、高い倫理観を持って、生命現象の多面的・総合的探求ができる人材を育成すること」、「現代社会の医療・食糧生産・環境分野における課題設定とその解決に貢献できる人材を育成すること」を教育目標としている。このために、次のような入学者を広く受入れます。

  1. 遺伝子工学科での履修に必要な基礎学力を有し、自立的に学ぶことを強く志す人。
  2. 倫理観と論理的思考を持って、医療・食糧生産・環境分野の課題解決に貢献する意欲を持つ人。
  3. 分子レベルから個体レベルでの生命現象に対して知的好奇心を持ち、生物の持つ優れた能力の解明に挑戦する意志のあふれる人。

また、遺伝子工学科に入学するまでに、次のような教科の内容を理解していることが望まれます。

国語:基礎的な読解力、表現力、及び論理的な思考力
英語:基礎的な読解力とコミュニケーション力
数学:関数・図形に関する基本的知識
物理:運動・エネルギーなどの物理的現象の基本的理解
化学:物質の化学的性質の基本的理解
生物:細胞と生物個体の仕組みの基本的知識
社会:生命科学を取巻く社会情勢に関する基礎的知識と社会的素養

食品安全工学科

食品安全工学科は、「食品」に限らず、衣食住の「食」に関わる安全と機能について広く学ぶ学科です。食品安全工学科は、「食」について生産、保存、流通、 加工・調理、摂取、消化・吸収、代謝における安全と機能に関心を持ち、「食」に関する情報を科学的に評価して、工学的に応用できる人材を育成します。このために、次のような入学者を広く受入れます。

  1. 生産から消費まで、食の安全と食の機能に関心を持つ人。
  2. 生命科学、生命工学、社会科学などの学際視野に立った学問・技術の習得を積極的に目指す人。
  3. 「食」と食文化、世界における日本食の持つ意味など、「食」に関連する諸問題に関心を持ち、多角的な観点から社会貢献を志す人。
  4. 本学科で取得できる食品衛生管理者やHACCP管理者などの資格を活かし、食品生産、加工製造、機能性食素材の開発、食品衛生関連製品の開発などの分野に興味を持ち、勉学を志す人。
  5. 21世紀の重要課題である環境問題や持続可能な社会発展に関わる問題に興味を持ち、「食」の観点から国際的な視野を持って解決していく意欲にあふれる人。

また、食品安全工学科に入学するまでに、次のような教科・科目の内容を理解していることが望まれます。

国語: 文章の内容を的確に読み取り、自分の考えを論理的な文章にまとめる能力
外国語: 日常的な話題の読み聞きによる理解と、情報や考えを英語で伝える基礎的な能力
化学: 物質の構造や化学反応の基本的な概念や原理・法則の理解
生物: 生物や生命現象の基本的な概念や原理・法則の理解
数学: 基本的な概念や原理・法則の理解と論理的な思考力
地歴・公民: 「食」を取巻く社会情勢に関する基礎的知識と社会的素養
課外活動: 自主的かつ協調的な態度と社会貢献への興味
保健体育: 食育、「食」に基づく健康的な生活習慣の形成に関する知識

生命情報工学科

生命情報工学科は、情報科学や数学を中心とする基礎科目を修め、分子生物学や脳・神経生理学などの生物学に関する知識を学び、これらを統合した学問分野である生命情報工学を修得した技術者の育成を目的とする学科です。本学科では、以下の素養を持つ人を受入れます。

  1. 生命や生体の仕組みを解明するために、情報科学を基盤とした新たな科学技術に関心を持つ人。
  2. 生命や生体の仕組みに関する科学的な文章を正しく解釈する力を持ち、数式やコンピュータプログラムなどにより説明することに興味を持つ人。
  3. 将来、高度情報化社会を支える技術者として活躍することを志望する人。
  4. 自主的に課題を見い出し、高度な倫理観に基づいて積極的に行動できる人。

また、生命情報工学科に入学するまでに、次のようなことを身につけていることが望まれます。

国語: 論理的な表現の読解力と表現力
外国語: 基礎的な語彙と文法の知識
数学: 基本的な数式表現の理解力と論理的な思考力
理科: 生物、物理、化学についての基礎的知識と科学的な思考力
地理・公民: 国内外の政治・経済の動向を理解するための素養
特別活動・課外活動: 自主的かつ協調的な態度と社会貢献への興味

人間環境デザイン工学科

人間生活の質(QOL)の向上を目的とした、健康・医療・福祉分野における生活支援機器は、21世紀の福祉・ユニバーサル社会の構築に必須です。人間環境デザイン工学科では、それら生活支援機器や関連プロダクツ(生産品)を対象として、モノづくりの知識と、人間工学および人間を取り巻く空間に対する環境デザインの知識を融合させた先進的デザインを創造することに貢献できる技術者や技術コーディネーター及び研究者の養成を目的としています。これを実現するため、人間環境デザイン工学科は、誰もが快適で健康な生活を送るために必要とされる、人間科学を基盤とするモノづくりと環境デザインを主体的に学ぶことができ、それをもって次世代の社会を担ってゆける創造性豊かな人材を求めます。このために、次のような入学者を受入れます。

  1. 生活科学を支える人間科学、医療・福祉工学、住環境科学といった分野に興味を持ち、人間工学と環境デザインを融合させた、人と環境にやさしいユニバーサルデザインを学びたいという意欲にあふれた人。
  2. モノづくりの基礎となる知識と技術に興味を持ち、将来、研究者・技術者・技術コーディネーターとして自らが形作る製品で快適な人間生活・福祉社会の実現に貢献してゆきたいという意欲にあふれた人。
  3. 社会の要請に常に関心を持ち、社会への貢献、公共の福祉をよく理解し、グローバルな視野に立ち積極的に社会問題の解決に取り組んでゆきたいという意欲にあふれた人。

また、生物理工学部に入学するまでに、以下の各教科において次のようなことを身につけていることが望まれます。

数学: 数学の基本的な概念や原理・法則を理解し、数学的な見方や考え方のよさを認識し、積極的に活用する能力を持つ。
理科: 自然や人体のしくみに対する関心や探究心があり、観察や実験などを通じて、人間と自然のかかわりや生物とそれを取り巻く環境について総合的に考察する能力を持つ。
外国語: 英語を用いて情報や考えなどを理解し伝える基礎的な能力と外国語を用いて積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度・姿勢を持つ。
地歴・公民: 世界の生活・文化の歴史的・地域的特色について理解し、国家社会の一員として主体的に生きる自覚と資質を持つ。
芸術: 造形、絵画、音楽などの楽しさを理解し、生活の中に積極的にこれらの楽しさを取り入れて行こうとする態度・姿勢を持つ。
家庭: 生活者としての視点から自立のための基礎能力の必要性を理解し、より快適な生活を志向する態度・姿勢を持つ。

医用工学科

医用工学科は、工学と医学の双方の視野を持ち、最先端の工学技術を医療福祉分野に応用し、人々の健康維持・増進に貢献できるメディカルエンジニアや臨床工学技士を育成することが教育目標であり、これに共鳴して道を志す入学者を広く受入れます。

  1. メディカルエンジニアリングに必要な工学、医学、生命科学の各分野の勉学に興味を持って真面目に取り組むことができる人。
  2. 高い倫理観と豊かな人間性を持ち、科学的な創造力を身につけ、医療福祉分野における科学技術の発展に寄与することを目指す人。
  3. 幅広い世代の人々と良好な人間関係を築くことができ、チーム医療の一翼を担うメディカルエンジニアや臨床工学技士として必要な協調性とコミュニケーション能力を修得できる人。

また、医用工学科に入学するまでに、次のようなことを身につけていることが望まれます。

国語: 標準的な語彙力、読解力及び表現力
外国語: 基礎的な文法の知識及び英会話力
数学: 基本的な原理・法則を理解し、事象を論理的に考察するための計算力及び数学的な思考力
理科: 工学を理解するための物理、化学の基礎知識と思考力、医学を理解するための生物の基礎知識
地歴・公民: 社会情勢を理解するための素養

  1. ホーム
  2. 受験生の方へ
  3. 入学案内
  4. 生物理工学部が求める学生像

ページ上部へ