近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

第6回全国学生英語スピーチコンテストに参加!

2017年12月18日

こんにちは。BOSTです。

12月9日(土)に東京のよみうりホールで
「第6回全国学生英語スピーチコンテスト」が開催され、
近畿大学 生物理工学部から
生物工学科2年、武智直之くんと
遺伝子工学科2年、東真里奈さんが出場したよ♪

2人は同じ英語のクラスで、
武智くんが「一緒に出場しよう!」と
東さんを誘ったんだって(^^)
NOW PRINTING
コンテストに向けては、生物理工学部の長谷川由美准教授を
はじめ、ジェイムズ・ホーバット先生、
上村・バッケス・尚美先生が全力でサポートしてくれたよ。
理系科目も英語もがんばりたい、というみんな!
生物理工学部はどちらも一生懸命取り組める環境が整っているよ!

武智くんは英語の文法や文章を書くこと、
東さんは人前で話すことが得意で、それぞれの
強みを活かして「日本の本の英語訳版を売り込め!」
という課題に挑戦したんだ。
NOW PRINTING
課題に取り組む中で、意見の衝突もあったみたいだけど、
「お互いに意見をはっきり言うことで、スッキリできた!
だから1年間一緒にがんばってこれた!」と
笑顔で話してくれたよ。

今回のコンテストには641名のエントリーがあって、
一次審査を通ったのが320名!
二次審査ではいくつかのグループに分かれて、
審査員数名とほかの参加者に自分たちのスピーチを
聞いてもらって、その結果で個人部門5名、
グループ部門5組が決勝に進むんだ。
NOW PRINTING

残念ながら決勝に進むことはできず、
「もう少し、この舞台で発表をしたかった・・・!」
と結果には満足していない様子だったけど、1年間
先生に指導してもらいながら身につけた
英語の力はこれからも役に立つはず!
二次審査では、自分たちの発表を終えたときに、
ほかの参加者からとても良い評価をしてもらえたみたい!
NOW PRINTING
コンテストを終えて帰ってきた2人に
どんな発表をしたのか、実演してもらったんだ☆
東さんの
「Hello everyone!! Welcome to our Japanese booth!」
というはじける笑顔とセリフで始まるスピーチで、
一瞬で2人の世界へ引き込まれちゃった!!
堂々と楽しそうに発表していて、かっこよかったなぁ♪
今回の挑戦を糧にして、
これからもいろんなことにチャレンジしてね(^^)

がんばるみんなをぼくも応援しているよ!
NOW PRINTING