近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

Valkonen教授との交流会

2017年11月15日

こんにちは。BOSTです。

先日、和歌山キャンパスの「ランゲージスペース」で
ヘルシンキ大学(フィンランド)の
Valkonen(バルコネン)先生との交流会が開催されたよ。
バルコネン先生は植物の病気について
生物工学科の秋田先生と共同研究している
先端技術総合研究所 植物センターの客員教授でもあるんだ。
先生の出身地ミッケリ州の文化や建築について
スライドを使って話をしてくれたよ。
NOW PRINTING
木造の建物を保護するため使われる
伝統的な赤い塗料の作り方を紹介してくれたよ。
新しく塗り替えられた建物が、
美しい自然に溶け込んでいる写真が印象的だったな~!
また、釘を使わずに組み立てる伝統的な建築法の紹介もあったよ。
紹介の後は、修繕頻度など学生から質問がありバルコネン先生との
会話を楽しんでいたよ!!

みんなフィンランドの文化を知る貴重な経験ができたと
うれしそうだったね。
あっという間の1時間だったよ。

「ランゲージスペース」は異文化事情を学んだり、
英語コミュニケーション能力をのばすための活動空間として、
イベントや講座など学生たちの国際社会への関心を高める機会を
たくさん提供しているよ。

「ランゲージスペース」に興味あるみんな
イベントに是非参加してね!
12月7日(木)には、クリスマス会もあるんだって!!

親しみやすい先生が外国語学習をサポートしてくれるよ!
ぼくもみんなに会えるのを楽しみにしているね!
NOW PRINTING