近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

見学会2017~近畿大学附属広島中学校東広島校編~

2017年10月19日

こんにちは。BOSTです。

本日、近畿大学附属広島中学校東広島校のみんなが、
模擬講義受講と体験実習に来てくれたんだ。
長距離移動にもかかわらず、元気いっぱい!
大きな声で挨拶してくれて、嬉しかったよ。

模擬講義では、
遺伝子工学科 永井宏平 准教授の
『遺伝子工学の発展と医学への応用』
というタイトルのもと、「遺伝子治療」、
NOW PRINTING
「IPS細胞による再生治療」など
これからの医療や人類に貢献するために
不可欠な遺伝子工学の話を聞いたよ。
みんな興味深々の様子でお話を聞いていたね!

体験実習では、
5班にわかれて、研究室や実験室の見学に行ったよ。

遺伝子工学科では、
アフリカツメガエルの卵を
顕微鏡を使って観察したよ。
NOW PRINTING
ステージⅠ~ステージⅥまでの卵子を
スポイトで回収し、観察したんだ。
みんな真剣に取り組んでいたよ。

食品安全工学科では、
学生たちに実験器具の使い方を
教えてもらいながらハロモナス菌という
菌のサンプルを作ったよ。
みんな液体の扱いに苦戦しながらも、
楽しく実験にとりくんでいたね!
NOW PRINTING
生命情報工学科では、
視線計測や前頭葉の脳活動計測を通じて、
脳機能を理解するための手段を体験!
楽しみながら体験できたね!

人間環境デザイン工学科では、
コンピュータのなかのマネキン
「デジタルマネキン」を使って、身体の姿勢と
生活用具の使いやすさの関係を調べたよ。
初めてなのに、とても楽しそうに
スムーズに操作していたよ!
NOW PRINTING

医用工学科では、
臨床工学技士が取り扱う人工透析装置の話を聞いた後、
マネキンの腕を使って、採血の体験をしたんだ。
こんな貴重な体験ができるのも大学ならではだね。

今回の体験で興味を持ったことを将来、
進路選択する時に思い出してほしいな。
また、10月28日(土)、29日(日)
きのくに祭で、みんなに会えることを
楽しみにしているね♪

NOW PRINTING
NOW PRINTING