近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

見学会2017~近畿大学附属豊岡高等学校編~

2017年10月12日

こんにちは。BOSTです。

今日、近畿大学附属豊岡高等学校のみんなが
見学会に来てくれました。
バスから降りるとすぐに
「こんにちは。」と元気よくあいさつしてくれたよ。

学部概要説明のあとに、模擬講義で
医用工学科 加藤暢宏 教授の
「痛くない注射を作る」ための技術を作る
というタイトルのもと、
NOW PRINTING
薬剤でできた針を剣山のように
敷き詰めた「経皮薬剤送達デバイス」
マイクロニードルの研究開発内容が
高校での学びとどのように結びついて
いるかについてお話を聞いたよ。

模擬講義を聞いたあとは、
5班にわかれて研究室見学へ!

遺伝子工学科では、
実験機器の説明や
NOW PRINTING
不妊治療についてのお話を
食品安全工学科では、
消費者にむけてどのような食品を
販売すればいいのかをマーケティング
した研究内容を
生命情報工学科では、
‘ロボット工学’と‘人工知能’の
融合・発展を目的に、サッカーを
題材としたロボカップの研究内容を
人間工学科では、
環境デザインのための
NOW PRINTING
空間における人間の行動について
医用工学科では、
臨床工学技士の役目のお話を聞いたり、
本物の医療機器を扱ったりしたんだよ。

今日の見学会でいろんな発見ができたかな?
最先端の研究に好奇心を持って
これからいろんなことに挑戦してほしいな。
NOW PRINTING
また、10月28日(土)、29日(日)
学部際「きのくに祭」で、
みんなに会えることを楽しみにしているね♪

NOW PRINTING
NOW PRINTING