近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

秋の味覚「栗」を発見!2017

2017年9月7日

こんにちは。BOSTです。

近畿大学 生物理工学部がある和歌山キャンパスでは、
朝晩はひんやりとした空気に包まれて、
秋らしい気候になってきました。

秋のキャンパスには、実りがいっぱい!
先日、散歩中見つけたのは、秋の味覚「栗」だよ。
緑色から茶色に成長したイガの割れ目から、
おいしそうな栗が少し見えていたよ。
栗は、カロリーの高い食べ物で、
NOW PRINTING
少量でエネルギー補給ができるんだ。
栄養価が高く、皮膚のしわやシミに働きかける
ビタミンCや渋皮の部分に含まれるタンニンには、
抗酸化作用があり、美容効果が期待できるのも
うれしいね♪

食品の持っているパワーっておもしろい!
みんなも勉強の合間のリフレッシュに、
秋の実りの発見や、景色を楽しんでね!
NOW PRINTING