近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

平成29年度 公開講座を開催!

2017年7月14日

こんにちは。BOSTです。

近畿大学 生物理工学部では、
教育・研究内容の一部を社会に広く発信し、
地域における生涯学習の機会の一つとして役立てて
いただくために公開講座を開催しているんだ。

先日、平成29年度 第3回公開講座が
和歌山県田辺市で開催されたよ。
一つ目の講座は、「うまい飯が食べたい!
―コシヒカリを超えて―」というタイトルのもと、
NOW PRINTING
生物工学科の堀端章 准教授が、
「うまいコメ」を求め続けた研究の歩みをたどりながら、
コシヒカリの誕生、どうしてコシヒカリはうまいのか、
また、その子どもたちの繁栄とそこに潜む危険性などに
ついてお話したんだ。

二つ目の講座では、「たんぱく質の“あるべき形”と
“あらざるべき形”」というタイトルのもと、
先端技術総合研究所の櫻井一正 准教授がお話したよ。
生物の形を成すたんぱく質は、アミノ酸がつながって
できたひも状の分子で、そのひもが異常事態を
起こした時に病気に関わるということが判ってきたこと、
その理由と異常事態になることを防ぐ方法などについて
最近の研究の内容だったんだ。

お客さんも興味深く聞いてくださり、
先生に直接質問される熱心な姿も見かけたよ。
とってもうれしかったな(*´▽`*)

これから参加ができる公開講座もあるから、
ぜひ、参加してね!

http://www.waka.kindai.ac.jp/kokai/koukai_kouza.html
NOW PRINTING