近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

紀州在来薬用紫蘇を守ろう!

2017年4月12日

こんにちは。BOSTです。

近畿大学 生物理工学部がある和歌山キャンパスの地元、
紀の川平野で栽培されていたアカジソ「紀州在来薬用紫蘇」は、
絶滅の危機に瀕しているんだ。
この「紀州在来薬用紫蘇」を生物理工学部 植物育種学研究室が
商品開発を行うことで、継続的な生産を目指しているよ!

このシソを商品開発するために、研究室ではシソの特徴を
調べるところから始め、香りに特徴があることがわかったんだ。
そこから、この香りを活かしたハーブティーの開発に
NOW PRINTING
取り組んだんだよ。

収穫後の乾燥方法、殺菌方法など、さまざまな課題を
クリアして、ようやくたどり着いたのが
「赤紫蘇茶 PERILLA ROUGE」なんだ。
芳香でノンカロリー、ノンカフェインの
リラクゼーションティーだよ。
このお茶には、抗酸化作用や食後の急激な血糖値上昇を
防いだり、花粉症などのアレルギー反応を軽減したりする
作用が期待されているよ。

今後も、持続的に遺伝資源を保護できるように、
より高い機能性をもつ系統の作出や植物工場を
利用した安定的な周年生産法の確立、新しい商品の開発などに
取り組みたいと考えているんだ。
この研究を支援いただくためのクラウドファンディングも
行っているので、詳しい情報をぜひチェックしてみてね。

https://camp-fire.jp/projects/view/22407
NOW PRINTING