近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

第30回 臨床工学技士国家試験で第4期生合格率100%を達成!

2017年3月31日

こんにちは。BOSTです。

近畿大学 生物理工学部 医用工学科の第4期生41人が、
平成29年3月5日に行われた第30回臨床工学技士
国家試験を受験し、合格率100%を達成しました!
全員合格で、ぼくもうれしいよ(≧∇≦)
みんな、おめでとう(*・ω・*)

臨床工学技士は、医学と工学の知識を持ち、
医療現場で高度な医療機器を操作・管理する
ための国家資格なんだ。
NOW PRINTING
医用工学科の学生さんは、この国家資格を
取得するために、4年かけて必要な知識や
技術を身に付けるんだよ。

年間4回の学内模試や演習を通して弱点を
補強するなどの国家試験対策はもちろん、
3つの医学部附属病院で臨床実習を行うなど、
在学中に実際の医療現場で経験を積むことも
重視した指導が行われているんだ。
NOW PRINTING
卒業後は、臨床工学技士の資格を生かして、
病院、クリニック、研究機関、医療機器関連企業などの
医療分野で活躍することが期待されていて、
第4期生は、近畿大学医学部附属病院をはじめとする
大学病院や大阪府立病院機構などの医療機関への就職や、
大学院への進学が決まっているよ!

これからのみんなの活躍が楽しみだね。
ぼくもみんなのことを応援しているよ(*・∀・*)

http://www.news2u.net/releases/153044
NOW PRINTING