近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

見学会2016 ~和歌山県立古佐田丘中学校編~

2016年11月10日

こんにちは。BOSTです。

今日、和歌山県立古佐田丘中学校の
みんなが、近畿大学 生物理工学部がある
和歌山キャンパスに見学会で来てくれました。

学部概要説明のあとに、
英語体験実習を行ったよ。
学生ボランティアのお兄さん、
お姉さんと一緒に英語で自己紹介や
クイズをしたんだ。
NOW PRINTING
初めは恥ずかしそうにしていたみんなも
すぐに楽しそうに大盛り上がりでした!

模擬講義では、医用工学科の福田誠准教授の
「ヒトの体は小型の化学プラント
~人工腎臓の機能を考える~」を
テーマに、床工学技士がかかわる
血液透析治療について話を聞いたよ。
臨床工学技士が、どんな役割をしているのかが
よくわかったね。
NOW PRINTING
カフェテリアで昼食をとった後、
5班に分かれて体験実習へ行ったよ!

遺伝子工学科では
顕微鏡でカエルの卵の観察をしたよ。
卵を確認できた時は、みんなワァー!
と声を出して嬉しそうだったよ!

食品安全工学科では
大根の葉と鶏肉についた血を使って
ルミノール反応の実験をしたんだ。
あ!反応がでたよ!
植物や鳥にもストレスがあるんだね!

システム生命科学科では
ハイパースペクトラルイメージャーという
機器を使って肌の波長情報を取得し、
肌色計測を行う体験を行ったよ!

人間工学科では
3次元CADを使って「ブラケット」
という部品を作成したよ!
最初は、みんな少し難しく感じていたけど
要領をつかむと簡単になり
楽しそうに操作していたよ!

医用工学科では、
臨床工学技士の話を聞いた後
血液透析の仕組みを学んだり、
マネキンの腕を使って、
採血の体験をしたんだ。
先生もビックリするくらい
上手にできていたね!

研究室で行われている、最先端の研究にふれ
好奇心いっぱいのようすだったね。
その好奇心を大切にしてほしいな!
また、みんなに会えることを
楽しみにしているよ!
NOW PRINTING