近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

国際学会で発表!~ギリシャ編~

2016年9月12日

こんにちは。BOSTです。

先日、生物理工学研究科 生体システム工学専攻2年の
大学院生2人が、ギリシャで開催された
「23rd International Congress on Sound & Vibration」
学会に参加したよ。

そのうちの一人、本多進哉さんにお話を聞いたよ。
本多さんは、中迫昇教授の音響・聴覚システム研究室で、
声が壁から跳ね返ってくる音を利用して
距離を測るという研究をしているんだって。

国際学会ということで、参加者は世界各国から
来ているから、ことばはもちろん英語。
本多さんは国際学会が初めてだったようだけど、
英語に不安はなかったの?

中迫研究室では、専門英語の教科書を輪読し、
普段から英語に触れる機会が多く、
たくさんの英語が身についているから
落ち着いて発表できたんだって!すごいね!
「発表直前までプレゼンの練習をしていたため、
伝えたい内容を伝えることができたと思います。
ただ、発表はできても質問を理解するのが難しかったので
英語力が必要であると感じました。
質疑応答を通じて研究に対する理解が
より深まったと考えており、大変有意義な
経験をすることができたと考えております。」
だって!
これからはもっと研究を進め、英語力もアップしたい、と
笑顔で話してくれました!
研究にうちこむ姿、すてきだなぁ。
ぼくもがんばるぞ~!
NOW PRINTING