近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

日本色彩学会関西支部大会で研究発表優秀賞を受賞!

2016年3月11日

こんにちは。BOSTです。

3月5日に開催された、
平成27年度一般社団法人日本色彩学会関西支部大会に
近畿大学大学院 生物理工学研究科 生体システム工学専攻の
今村大樹さんが参加し、研究発表優秀賞を受賞しました!
おめでとう~(*^∇^*)

今回の学会では、学生や大学院生をはじめ、
ベテラン研究者の方の研究発表が行われたんだ。
今村さんは、
『測色値による廃コーヒー滓の焙煎度評価方法の検討』
という題目のもと、
健康で安心できる人間生活に役立つプラスチック材料を
廃コーヒー滓(かす)から作るための研究発表を行ったんだ。
浅煎りから深煎りまで色々な焙煎が行われているドリップ用
コーヒーの滓を有効にリサイクルしようとするものだよ。
焙煎の仕方によってコーヒーの豆の色が変わることに
注目して、これまでにない新しい測定方法でコーヒー豆の
特性を評価できることを提案したんだ。
研究発表内容に加え、プレゼン技術も高く評価され、
みごと、研究発表優秀賞を受賞したんだよ!
すごいよね!!(・∀・)

現在、今村さんは大学院1年生で、
学会賞を受賞するのは2回目なんだ。
日頃から、熱心に研究を行い、努力した結果だね!
今後の活躍も期待されている今村さんを、
ぼくも応援しているよ!(oゝω・o)
NOW PRINTING