近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

見学会2015~近畿大学附属広島中学校東広島校~

2015年8月3日

こんにちは。BOSTです。

先日、近畿大学附属広島中学校東広島校の
みんなが、模擬講義受講と体験実習に来てくれたんだ。
元気いっぱいで、いろんなことに興味を持っている
ようすだったよ。

模擬講義では、
『「歯のばんそうこう」で知覚過敏や虫歯予防
~歯科治療を変える極薄アパタイトシート~』という
タイトルのもと、世界で初めて開発した
NOW PRINTING
ハイドロキシアパタイト(HAp)の超薄型シートの
特徴や新しい歯科治療への応用などのお話を聞いたよ。

体験実習では、
班にわかれて、研究室や実験室の見学に行ったよ。
生物工学科では、
果実を輪切りにして、果実を形成する葉「心皮」の
枚数「心皮数」の数の観察を、
遺伝子工学科では、
電気泳動という方法を使ってDNAの観察を、
食品安全工学科では、
NOW PRINTING
食品に含まれる色素を分解して、
どんな色が隠れているかの観察を、
システム生命科学科では、
生物情報データベースの内容を学んで、
タンパク質の立体構造の観察をしたよ。
人間工学科では、
転倒などの研究で使用するソフトウェア(アプリ)を
つかって、衝突後の変形のようすなどを
コンピュータを使ってシミュレーションしてみたよ。
医用工学科では、
電気メスやマネキンの腕を使っての穿刺(センシ)を
体験を通して、どのような治療効果があるのかを確かめたんだ。

今日の体験で、おもしろかったことや興味を持ったことを
将来、進路選択するときに思い出してほしいな。
また、みんなに会えることを楽しみにしているよ(oゝω・o)

2015年度オープンキャンパス
NOW PRINTING