近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

ウナギ特集@生物理工学部の図書館

2015年7月14日

こんにちは。BOSTです。

もうすぐ「土用の丑の日」だね。
今年は、7月24日と8月5日だよ!

一般的に言われる夏の「土用の丑の日」以外にも
春・夏・秋・冬に「土用の丑の日」があるんだよ。
ウナギを食べる習慣があるのは、夏だけだね。
美味しいウナギを食べるのが楽しみだなぁ。

ところが、2014年に国際自然保護連合が絶滅の
NOW PRINTING
危機にある生物として「レッドリスト」に載せ、
ニホンウナギを絶滅危惧種に指定したんだ。
国際的にも保護が必要な種と認定されたウナギは、
とっても貴重な存在なんだね。
もしかすると、ウナギが食べられなくなる日が
くるのかなぁ。

近畿大学 農学部では、資源の枯渇で価格が
高騰しているウナギの代替品として、
「ウナギ味のナマズ」の開発に成功したことを
発表したんだ。
ウナギとナマズ、食べ比べしてみたいね~(。・ω・。)
生物理工学部でも、食糧危機問題解決の道につながる
研究のひとつとして、イネの実りを良くする遺伝子に
注目し、その性質を探っているよ。

生物理工学部の図書館では、「土用の丑の日」にちなんで、
ウナギ特集を開催!
ウナギに関連する書籍の展示を行っているよ。
生物理工学部のみんなは、この機会にぜひ図書館に
遊びに来てね!

2015年度オープンキャンパス
NOW PRINTING