近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

『ロボカップ・ジャパンオープン2015福井』で3位入賞!

2015年7月10日

こんにちは。BOSTです。

この前、福井県で開催された
「ロボカップ・ジャパンオープン2015福井」で、
近畿大学 生物理工学部 システム生命科学科の
河本敬子講師が指導する4年生6名(有本純哉さん、
奥村なほさん、小田亮平さん、河村佑太朗さん、
貴志誠人さん、山下智之さん、)「チーム:KU_BOST」が
3位入賞しました!
おめでとう~(*^∇^*)
NOW PRINTING
ロボカップ・ジャパンオープンは、
毎年、全国の大学や企業などから約200チーム(約700人)が
参加し、一般来場者は約3万人と非常に大きな大会なんだ。
ロボカップは、世界大会も毎年開催されていて、
日本のチームは、世界大会のチャンピオンチームを多く
有しているから、ジャパンオープンは世界大会の前哨戦とも
いえる大会なんだよ。

ロボカップには、「ロボカップサッカー」
「ロボカップレスキュー」「ロボカップ@ホーム」
「ロボカップジュニア」の4つの分野があり、
NOW PRINTING
今回、学生さんが出場したのは、
ロボカップサッカー・シミュレーションリーグ(2D)だよ。
コンピュータ上のスクリーンフィールドで、
人工知能プログラムされた11対11のプレーヤーが
サッカーをするリーグなんだ。
このリーグには、昨年の世界大会優勝チームも参加していて、
しのぎを削る中でKU_BOSTが3位入賞したんだよ!
すごいね~!(≧∀≦)

河本先生の研究室では、遺伝子の振る舞いを模した
「遺伝的アルゴリズム」などのアルゴリズムを研究しているんだ。
この計算方法をロボカップサッカー制御のシミュレーションに
応用し、ロボカップサッカーのチーム開発に取り組んだそうだよ。
日々、研究していることが勝因のひとつとなったんだね!

入賞したみなさん、おめでとうございます!
この経験で得たことは、これからの研究活動や
社会人になった後にも、きっと力になるね(・∀・)
これからの更なる活躍を応援しているよ!

2015年度オープンキャンパス
NOW PRINTING