近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

ホタル特集@生物理工学部の図書館

2015年6月1日

こんにちは。BOSTです。

近畿大学 生物理工学部がある和歌山キャンパスの地元、
紀の川市は、自然豊かな里山や水のきれいな川が
多くあり、この時期にはホタルを見られるスポットが
たくさんあるんだよ。

ホタルの幻想的な光は、とってもきれいだよね。
ホタルのおしりには、発光器があって、
気管から入った酵素が、光る性質のあるルシフェリン
という物質とルシフェラーゼというという酵素と
NOW PRINTING
むすびついて光を出しているんだって。
ある食品会社では、このホタルの発光酵素
ルシフィラーゼを応用し、ATP法という食品衛生検査法が
研究・開発されているよ。

生物理工学部の図書館では、「ホタル特集」を開催中!
この機会にホタルの生態やメカニズムに触れてみよう!
ホタルが登場する物語や絵画などが載った書籍も
多数展示されているよ。
「ホタル特集」は6月12日まで。
生物理工学部のみんなは、ぜひ図書館に来てね。
NOW PRINTING