近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

「みかんの日」特集@生物理工学部の図書館

2014年12月3日

こんにちは。BOSTです。

今日、12月3日は「みかんの日」なんだって。
これは、「いいみっか(3日)ん」の語呂合わせで、
全国果実生産出荷安定協議会と農林水産省が
制定したそうだよ。

この日にちなんで、近畿大学 生物理工学部の図書館では、
「みかんの日」特集を開催!
みかんを使ったレシピ本や図鑑、みかんの皮のおもしろい
剥き方が紹介されている本など、いろんな本が展示されていたよ。
NOW PRINTING
本と一緒に、柑橘類の果実も展示されているから、
そちらもチェックしてみてね!

そうそう。
生物理工学部がある和歌山県は、
みかんの収穫量日本一(平成25年)なんだ。
みかん畑は、傾斜面や不整地に栽培されているものが
多いんだけれど、収穫は手作業で行われているから、
脚立上の作業は、高齢化の進んでいる農家にとって重労働だね。
近畿大学 生物理工学部 人間工学科の
人間支援ロボット研究室では、人に代わって、
みかんを自動収穫できるロボットの開発に取り組んでいるよ。
高齢者の負担を少しでも軽減できたら、うれしいね(*ゝ∀・*)

「みかんの日」特集は、12月11日まで。
生物理工学部のみんなは、ぜひ図書館に行ってみてね♪
NOW PRINTING