近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

オペラ特集@生物理工学部の図書館

2014年11月22日

こんにちは。BOSTです。

突然だけれど、
みんな「オペラ」って知っているかな?
「オペラ」は歌劇とも言われ、出演者が歌いながら
演技をするんだよ。
有名なものは、『椿姫』、『フィガロの結婚』、『カルメン』
などがあるね。
マイクを使わずに、オーケストラの伴奏で
美しい歌声を客席の隅々まで響かせるんだ。
すごいよね!
NOW PRINTING

オペラの歴史は、16世紀の終わりに、
イタリアからはじまっているんだよ。
イタリア・ミラノにあるスカラ座は、
有名な歌劇場だから、聞いたことがあるかな?
日本では、1894年11月24日、
宮内省式部職附属音楽学校(現:東京芸術大学)で、
はじめてオペラが上演されたんだ。
このことを記念して、11月24日は、
「オペラの日」なんだって。

近畿大学 生物理工学部の図書館では、
「オペラの日」にちなんで、「オペラ特集」を
開催しているよ♪
「オペラ」に関する書籍やDVDを展示しているから、
生物理工学部のみんなは図書館に行ってみてね!
この機会にぜひ、「オペラ」に触れてみよう(・∀・)
NOW PRINTING