近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

ノーベル賞・LEDの本特集@生物理工学部の図書館

2014年11月6日

こんにちは。BOSTです。

10月に、ノーベル物理学賞を日本人3人が
同時に受賞したニュースは、みんなも知っているかな。
受賞したのは、赤﨑勇博士、天野浩博士、中村修二博士。
この3人は、青色発光ダイオード(LED)の開発をされたんだ。
青色発光ダイオードは、明るく、消費電力の小さい
白色光源を可能にしたんだよ。
街のイルミネーションなどでも、目にすることが増えたよね。

発光ダイオードは、照明や携帯電話の画面(バックライト)
NOW PRINTING
など、みんなの身の周りでも使用されているよ。
そんな、今、大注目の発光ダイオードをもっと知ってもらおうと、
近畿大学 生物理工学部の図書館では、
「ノーベル賞・LEDの本」特集を行っているんだ。

ノーベル賞を受賞した研究内容や、
LEDの仕組みや用途を紹介する本など、
たくさん展示されていたよ!
生物理工学部のみんなは、この機会にぜひ図書館を訪れてみてね。
NOW PRINTING