近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

Valkonen博士がやってきた!

2014年10月23日

こんにちは。BOSTです。

先日、フィンランドのヘルシンキ大学から
Valkonen博士が生物理工学部に来られて講演をされました!
Valkonen先生は、生物工学科 秋田求教授と
共同研究をされていて、毎年研究のために来日されているよ。

今回は「How the virus may break resistance:
a case study on Potato and resistance gene Ny in Potato」
というタイトルで、ジャガイモのウイルスと抵抗について、
お話をしてくれたよ。
NOW PRINTING
コケの緑化について学んでいる大学院生も
同行されていて、和歌山キャンパスの屋上にある
コケ緑化実験システムも、興味深そうに
見学されていました!

また、この講演に先立ち、Language Spaceで、
フィンランドの紹介、学生たちとのセッションを
されました。
最初は全く無言だった学生たちも、Valkonen先生の
優しげな雰囲気とおだやかさに魅了され、すぐに
活発に発言できるようになってきたよ。
NOW PRINTING
さらに、大阪の高校で学んでいる米国からの
留学生も交えて、お菓子もつまみながら、
とても楽しい雰囲気で、お互いの文化や
学校、生活の紹介をしていました♪

このような貴重な機会、今回参加できた学生のみんなは
とてもラッキーだね。
Language Spaceをはじめ、世界の国々からの
ゲストスピーカーと接することができる
すばらしい機会、積極的に参加して、
将来への糧にしていけたらいいね。
NOW PRINTING
NOW PRINTING
NOW PRINTING