近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

鈴木教授と芋のサンプル採取に行ってきました!

2014年10月11日

こんにちは。BOSTです。

2014年5月19日のぼくのブログで紹介した、
「いも類を利用した発電の勉強会」
で植えつけた
サツマイモのサンプル採取にいってきました!
あれから4か月半、みんなが植えたサツマイモは
どうなっているかな…?

うわ~、葉っぱも青々として大きく育っているよ!
植えたこどもたちもきっと大喜びだね!

NOW PRINTING
早速どれくらい大きくなったのか、
鈴木教授と研究室の学生たちがサンプル採取を開始。
袋の中からどんどん芋がでてくるよ。
茎の部分と芋の部分にわけて、重さを量るんだ。
上段、中段、下段など、場所もすべて記録するよ。

今回サンプル採取したものは、サンプル用として植えたもの。
こどもたちが植えたサツマイモは、11月まで大きくなるよ。
この芋は、11月2日の生物理工学部学部祭「きのくに祭」で
芋発電の実験をするんだ!
NOW PRINTING
サンプル採取の結果をふまえて、より多くのエネルギーを
うみだす技術が確立されていけば今後の日本は変わっていく
かもしれないね。

日本を救う芋エネルギー、これからが楽しみだな♪
NOW PRINTING