近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

救命救急講習会が行われたよ

2014年7月16日

こんにちは。BOSTです。

先日、医用工学科3年生を対象に
救命救急講習会が行われたんだ。
講習には、日本赤十字社和歌山医療センターの
高度救命救急センターの医師の先生と
臨床工学技士の方を講師にお招きしたんだよ。

将来、臨床工学技士の資格取得を目指している
医用工学科の学生さんにとって、この講習は、
貴重な経験だね。
NOW PRINTING
実際に医療現場で活躍されている講師の先生から
直接、お話が聞けるとあって、みんな真剣だったよ。

心肺蘇生法の方法の講義を受けたあとは、
人形を使って、実践!
呼吸の確認や人工呼吸、心臓マッサージと
手順を確認しながら、やっていたよ。

そして、AED(自動体外式除細動器)の使い方も
教わったんだ。
心臓に電気ショックを与えるこの機械の
NOW PRINTING
正しい使い方をマスターしていれば、
もしものときに人の命を助けることができるね。

医用工学科では、近畿大学医学部附属病院への
見学や実習も行っていて、臨床工学技士になるための
知識や技術を学んでいるよ。
これからも、立派な臨床工学技士を目指して、
ファイト~!!
NOW PRINTING


2014夏オープンキャンパス

くわしくはここをクリック!