近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

「芋の勉強会」に行ってきました!

2014年5月19日

こんにちは。BOSTです。

昨日、紀の川スマートファーム協議会主催の
「いも類を利用した発電の学習会」に行ってきました!
紀の川スマートファーム協議会というのは、
地元の農協や紀の川市、近畿大学生物理工学部などが
協力して、農業を活性化させよう、
という取り組みをしているんだ。
今回のテーマは「芋エネルギーが開く未来の扉、
栽培から発電までの体験」で、
講師は、芋エネルギー研究の第一人者である
NOW PRINTING
生物理工学部生物工学科の鈴木高広教授。
鈴木教授は、芋を原料とした発電の研究を
しているんだ。
対象は親子ということで、小学生とその親御さんたちが
参加していたよ。

最初に日本のエネルギーについての講義を聞いてから、
バスで畑に移動!なんだか遠足気分でわくわく♪
所狭しと並んだ畑の三角棚、そのひとつに
自分の名札をつけて早速芋の苗の植え付け開始!
これが空中栽培かぁ…空に向かって太陽の光もたっぷりあびてるよ。
NOW PRINTING
4段の棚に12袋の土、袋を半分に切ってそのまま器として使って、
そのひとつひとつにサツマイモの苗を植えたよ!
みんなひとつずつ一生懸命気持ちをこめて植えていたね。
大きく育ちますように!

この芋は、秋にみんなで収穫して、
実際に発電実験をする予定なんだよ!
それまで元気に育つんだよ~!

最後はみんなで記念撮影。
暑い中での作業だったけど、みんなとってもすがすがしい感じ。
また秋に会おうね!
NOW PRINTING