近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

木の枝のマネが上手な虫

2014年5月14日

こんにちは。BOSTです。

暖かくなってくると、いろんな虫を見かけるよ。
この前、キャンパスのなかを歩いていると、
足元に小さな虫を発見!
おもしろい動きをしていたよ~(^0^)
全身を使って、長さを測っているような動きを
する虫と言えば、「尺取り虫」だね。

「尺取り虫」の仲間には、
木の枝の姿をマネする擬態(ぎたい)が得意な種類がいるんだ。
NOW PRINTING
昔、農作業の合間の休憩のために、お茶を土瓶に入れて
作業場に持参し、枯れ枝のつもりで枝に擬態した
「尺取り虫」に引っ掛けると、引っ掛からずに
土瓶が落ちて割れることから「土瓶落とし」とも
呼ばれたんだって。

モノマネが得意な虫は、ほかにもたくさんいるね。
枯葉にそっくりな「蛾(ガ)」や葉っぱに隠れている「バッタ」、
木の枝になりきっている「ナナフシ」など。
普段何気なく見ている街路樹や庭木に
おもしろい虫が潜んでいるかも~!?(・ω・)
みんなも見つけてみてね!
NOW PRINTING