近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

卒業桜のつぼみが膨らんだよ

2014年3月13日

こんにちは。BOSTです。

もうすぐ、近畿大学 生物理工学部の卒業式と
大学院 生物理工学研究科の修了式。
ちょっぴり寂しいような気持ちもあるけれど、
卒業式の日には、それぞれの思いを胸に、
学び舎を巣立っていく卒業生を笑顔で見送りたいな。

卒業式が近づくと、きれいな花を咲かせる“早咲きの桜”
「卒業桜」のつぼみが今年も膨らんでいたよ。
この桜の木は、和歌山県海南市の
NOW PRINTING
近畿大学 先端技術総合研究所にあるんだ。
生物理工学部の学生さんたちも、この研究所でさまざまな
研究に取り組んでいるんだよ。

「卒業桜」の木は、和歌山県林業試験場の方から
いただいたものを卒業生(第8期生)が研究の一環として
組織培養したものなんだ。
土に移して育て、今では立派な木となり、
毎年きれいな花を咲かせているよ。
培養で大量に増やした桜の木も、早咲きの性質は
保たれるんだ。

3月19日の卒業式の日には、満開になりそうだね(*´∀`*)
「卒業桜」も卒業生のみんなにエールを送っているみたいだね。
NOW PRINTING