近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

芋のチカラ

2014年2月21日

こんにちは。BOSTです。

近畿大学 生物理工学部 生物工学科の
鈴木高広先生が研究している「芋エネルギー」のこと、
以前、テレビなどで取り上げられたから、
みんなも聞いたことあるかな?

先日、岩波ジュニア新書から出版された
『人を幸せにする目からウロコ!研究』萩原一郎編著には、
いろんな目からウロコ研究が紹介されていて、
その中に、鈴木先生の「芋エネルギー」の研究内容も
NOW PRINTING
載っているんだよ。

芋をスライスして乾燥させ、
石炭のようにして火力発電させる「芋エネルギー」のほかに、
芋からメタンガスを作ってエネルギーとして活用させる
研究も進行中なんだ。

実は、キャンパス内に芋を栽培している三角棚が
所せましと並んでいるんだよ!
先生は、ファンデーションについても研究されているから
光の反射については、プロ中のプロ。

光の利用率を高められる多層栽培に適している“芋”は、
先生にとって、かわいくて仕方ないものなんだなぁ。

「芋エネルギー」が環境に負担を与えない安全なエネルギーとして
活躍する日が来るかもしれないね(^^)

ぼくも鈴木先生の研究を応援しているんだ~。
みんなも一緒に研究してみない!?
NOW PRINTING