近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

新型万能細胞~STAP細胞~

2014年1月30日

こんにちは。BOSTです。

新聞やテレビなどで話題になっている「STAP細胞」。
みんなももう知っているかな?
理化学研究所・再生科学総合研究センターの
小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダーが
開発した、この「STAP細胞」は、
今後の再生医療や創薬応用に期待できる、スゴイものなんだよ。

小保方さんは、20代という若さで研究ユニットリーダーとなり、
まだ30歳のバリバリに活躍している女性研究者。
NOW PRINTING
そんな小保方さんが開発した「STAP細胞」は、新型の万能細胞。
万能細胞には、ノーベル賞を受賞した山中伸弥教授が開発した
「人工多能性細胞(iPS細胞)」や「胚性幹細胞(ES細胞)」があるよ。
今回、「STAP細胞」が世界から大注目されている理由のひとつは、
作製の方法なんだ。
「STAP細胞」は、細胞を酸性(PH5.7)の溶液に入れて
約30分間刺激を与え、培養すると数日~1週間で
「STAP細胞」に変化するという、
動物細胞では不可能とされていた外部からの刺激で作製されたんだ。
まさに、常識を打ち破ったスゴイ研究なんだよ!
NOW PRINTING
昨年春、世界的に権威ある英科学誌Natureに投稿した際は、
過去何百年の細胞生物学の歴史を愚弄していると酷評され、
掲載を却下されたんだそう。
それほど常識破りの研究だったんだよ。
でも、小保方さんは、「STAP細胞は必ず人の役に立つ技術だ。」と
信念を貫いて研究を続け、立証にこぎつけたんだ。
そして今回、英科学誌Natureに掲載されたんだよ。
小保方さんの惜しみない努力は、とっても素晴らしいね!!

「STAP細胞」は、皮膚や神経、筋肉など体のあらゆる組織の
細胞に変わる能力を持っているよ。
NOW PRINTING
その能力を生かして、けがや病気などで傷ついたり
失われたりした細胞や組織をくっつけて治療する再生医療や、
創薬への応用が期待されているよ。

近畿大学 生物理工学部でも万能細胞を生かした研究が進行中だよ。
遺伝子工学科では、「ES細胞」の研究がされているんだ。
「ES細胞」も「STAP細胞」と同じように、
再生医療などで役立てることが期待されているよ。
この研究でも、生物理工学部のリケジョのみんなが研究に
勤しんでいるよ。
みんなも、きっと「人の役に立つ技術」を
ぼくと一緒に研究してみない?



生物理工学部の先輩リケジョのようすは、こちらで公開しているよ(^▽^)
↓↓↓
理系女子応援サービス Rikejo by講談社

【生物工学科】
http://www.rikejo.jp/report/article/7968.html
【遺伝子工学科】
http://www.rikejo.jp/report/article/6992.html
【食品安全工学科】
http://www.rikejo.jp/report/article/7970.html
【システム生命科学科】
http://www.rikejo.jp/report/article/6895.html
【人間工学科】
http://www.rikejo.jp/report/article/6907.html
【医用工学科】
http://www.rikejo.jp/report/article/7005.html
NOW PRINTING