近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

今日は何の日?~ノーベル賞授賞式~

2013年12月10日

こんにちは。BOSTです。

今日12月10日は、
スウェーデンの科学者アルフレッド・ノーベルが
1896年に亡くなった日。
ノーベル賞は彼の遺言によって創設されたんだ。
例年12月10日にスウェーデンの首都・ストックホルムで
物理学・化学・医学・文学・経済学の
各賞のノーベル賞授賞式が開催されるよ。

近年の日本人受賞者では、
2012年ノーベル医学生理学賞を受賞した
山中伸弥教授のことは、ニュースなどに
取り上げられたからみんなも知っているよね。
NOW PRINTING
山中教授の「iPS細胞」の研究は、
近畿大学 生物理工学部 遺伝子工学科でも
関連した研究をしているよ。

また、2008年 ノーベル化学賞を受賞した
下村脩博士が発見した、オワンクラゲの
緑色蛍光タンパク質の遺伝子を組み込んだ
マウスの研究もしているんだ。
なんとマウスの「うんち」から薬をつくれるのかというもの。
「うんち」から薬をつくるなんて、
おもしろいよね~(*^皿^*)

そうそう。
この研究は、12月23日(月・祝)に開催される
「サイエンス・キャッスル2013 in Osaka」で、
紹介される予定だよ。
可能性を秘めたマウスの「うんち」が実際に見れちゃう!?
みんなの参加、お待ちしていま~す!


サイエンス・キャッスル 2013 in Osaka
【日時】2013年12月23日(月・祝) 10:00~17:00(予定)
【場所】追手門学院 大阪城スクエア(大阪・天満橋)