近畿大学生物理工学部からのキャンパスレポート

戻る トップページに戻る

タヌキ?アライグマ?それとも…?

2013年11月21日

こんにちは。BOSTです。

先日、近畿大学 生物理工学部がある和歌山キャンパスの
近くの民家で、仕掛けてあったオリに動物がかかったんだ。
タヌキなのかアライグマなのかわからない…。
ということで、ぼくもちょっとお出かけして見に行ったよ!

みんなは、写真を見てすぐに何の動物だかわかったかなぁ。
ここで、クイズ!
次のうち、正解はどれだと思う?
NOW PRINTING
① タヌキ
② ハクビシン
③ ニホンアナグマ
④ アライグマ

ちょっぴりヒント~(*^_^*)
体長は、40~50センチほど。するどい爪をもっていて、
食べ物は、昆虫やカエル、果実やキノコ類など雑食だよ。
そして、擬死(たぬき寝入り)という行動をする動物だよ。
わかったかな?

正解は、「ニホンアナグマ」だよ!(・∀・)
擬死(たぬき寝入り)のヒントで、ちょっと答えに迷った人も
いるのかな。
「ニホンアナグマ」は、ネコ目イタチ科アナグマ属に属した動物。
食べ物や習性は、タヌキによく似ているけれど、
タヌキは、ネコ目イヌ科タヌキ属に分類されるんだ。

今回、「ニホンアナグマ」は、
里山から、食べ物を求めて民家にやってきたのかな。
でも、鳥獣保護法で保護されている動物なので、
その場で、リリースしたよ。
動物との棲み分けは、とても大切なこと。
里山の環境を守りながら、動物と上手く共存していきたいね。
NOW PRINTING